山田浩司著 東洋経済新報社 183頁 1500円+税


著者は総業10年目にして、倒産の危機に陥ると
同時にがんを宣告されました。

がんの手術をした後、業態の大転換を図り4年目には
年商4億円、経常利益6400万円を達成しました。

80名いた従業員・アルバイトは10名になりましたが
一人当たり年収は以前の1.5倍になりました。

という方の書いた本書は、なかなかの優れもので
すぐに使えるものがいっぱいあると思います。]
うちでも使えるというものがあったら、チェックして実行に移してください。
もちろん、社長からはじめなければいけません。

表からは分かりにくいかもしれませんが
経費節減でおおきな比重を占めるのは
業務の見直しと無駄な業務の排除だと言っています。

当たり前だと思っていることも見直しましょう。
時は金なり。時間は、コストです。

澤根の本棚の関連記事
  • 【7月の1冊】禁断のセールスコピーライティング
  • 【6月の1冊】手抜き力
  • 【5月の1冊】成功するシニアビジネスの教科書 「超高齢社会」をビジネスチャンスにする“技術”
  • 【4月の1冊】これだけ!SMART
  • 小さな会社こそ、高く売りなさい
  • 買いたがる脳