岡山市北区の澤根税理士事務所は岡山東税務署から徒歩二分。急な税務調査にも迅速対応の澤根哲郎税理士事務所へご相談下さい。
-
  • HOME »
  • - »
  • 岡山市の税理士通信

岡山市の税理士通信

合併と買収M&A

合併と買収M&A


中小零細企業のM&Aがさかんになっているようです。M&Aつまり合併と買収ですが、合併よりは買収がずっと多いようです。当事務所でもお客様からのご要望があり、現在紹介会社に依頼をしています。

紹介会社の方にお話を聞いてみました。

なぜM&Aなのか、次のような理由なのだそうです。
・後継者不在
・人材獲得
・営業エリアの拡大
・顧客の獲得

最近は、特に後継者不在による売却希望と人材獲得目的の買収希望が多く、売りと買いでは、圧倒的に売り手市場であり、また、売買の多い業種というのもあるそうです。

対象企業の規模も、ほとんど一人企業レベルからあるようです。

買収をしようかなと思ってとりあえず手を挙げてみるという会社もあるようです。売り手が現れてから、しっかり検討して、買うか買わないかを決めるのです。ダメだったら買わない。割と気楽に買収の希望をだすところがあるのです。

M&Aといえば、大企業のものだと思っていたのですが、時代は変わってきています。
中小企業庁でも、中小企業経営者の高齢化の進展等を踏まえて、「事業引継ぎ支援センター」の強化などの対策を打ち出しています。発足以来、約1万7000社の相談に応じて791件もの事業引継ぎを実現させたそうです。

M&A、中小企業でも縁のないものではなくなってきているようです。御社ではいかがでしょうか?

収益ロジックツリー


利益を増やすにはどうしたらいいでしょうか?
利益=収益―費用
ですから、収益を増やすか、費用を減らすか、あるいは両方をするかです。

資金繰りをよくするにはどうしたらいいでしょうか?
一時的には増資、借入でお金は回るようになりますが、経常的によくしようとすると利益を増やす以外手段はないでしょう。

では、利益を増やす、つまり収益を増やし、費用を減らすためにはどうしたらいいでしょうか?どうしたらいいかを考えて、決めて、実行していくしかありません。

収益のロジックツリーは、何をしたらいいのかを考え実行していくためのツールです。

売上を上げるためにはどうすればいいのか。顧客数を増やす、商品単価を上げる、来店頻度を高める、客の購入の面倒を減らす、などなど、自社にあったものを考えて、書いていきます。費用を減らすにはどうすればいいのか。仕入れ先を変えるのか、商品構成を変えるのか、家賃の交渉をするのか、いろいろ考えて書いていきます。 

ひととおり書き終わったら、自社にとってもっとも効果が高いのはなんだろうかと考えます。考える順番は左からです。つまり利益にもっとも大きな影響を与えるのはどれだろうか?あるいは、利益を増やすには、売上を増やすのが先か、費用を減らすのが先か、どっちだろうかと考えます。

たくさんはできませんから、効果の高そうなもの、あるいは実行が簡単そうなものからいくつか選んでやっていきます。

『おもてなし幻想』

マシュー・ディクソン他著 実業之日本社 411頁 2,000円+税

ある社長がおっしゃいました。『うちの近所のスーパーでは、有人レジが空いているのに、無人レジに並んでいる。どうなっとんじゃろう。うちの近所の人は人間嫌いなんじゃろうか』この言葉を聞いてはっと思ったのが、この本のことです。「顧客の不満は、店員との接触で生じる。接触しないほうが満足度が高いのだ」ということが書いてあるらしいのです。そこで、買ってみました。

やはり同様のことが書いてありました。84頁です。
「空港に到着すると、カスタマーサービス担当者が立っているのが目に入る。だが、ためらうことなくセルフサービスの自動発券機に向かい、搭乗券を印刷する。銀行では、窓口ではなく、ATMの列に並ぶ。たいていの顧客がセルフサービスを好むだけでなく、わざわざセルフサービスを使うケースは数えきれない」

138頁にも「顧客は実際はセルフサービスのほうを好む」とあります。

「まえがき」には、今までの常識と調査結果が比較されています。
常識:期待以上のサービスを提供すれば、顧客ロイヤルティ、すなわち顧客であり続ける期間や、顧客がもたらす価値は著しく高まる。

調査結果:顧客の期待を上回るサービスの提供は、ロイヤルティにとってほとんどメリットがない。
常識:カスタマーサポートと顧客のやりとりは、ロイヤルティを高める。
調査結果:カスタマーサポートと顧客のやりとりが発生すれば、ロイヤルティを高めるどころか、4倍の悪影響というのだ。

では、顧客ロイヤルティを高めるにはどうしたらいいのでしょうか。本書では、顧客のディスロイヤルティを緩和することだと主張しています。

以下、要約して紹介します。
カスタマーサービスが促進するのはロイヤルティではなくディスロイヤルティ。ディスロイヤルティ緩和の鍵は顧客努力の提言である。企業は、問題を解決するために顧客に課される作業量を減らし、より手間のかからないサービスに注力すべきだ。これには、情報の繰り返しや再問い合わせの必要性、画一的な対応の回避が含まれる。

たとえばホームページの有用性を高めるためには次の点に気をつける。
①言葉の単純化:一読で理解できるようにする
②検索結果ゼロを避ける:顧客の検索用語を使うようにする
③関連情報をまとめる:関連する情報をまとめ、ほかのテキストと間隔をあける
④専門用語は避ける
⑤主語と動詞をはっきりさせる 
たいていのホームページが失敗しているのは、機能やコンテンツが不足しているからではなく、多すぎるからだ。成功を収めている企業は、意欲的にコンテンツを単純化し、顧客の抱える問題に最適のチャネルやコンテンツに顧客を導いている。

以上ですが、ごく簡単にいうと顧客に手間を掛けさせるな、それが顧客ロイヤルティの向上に一番効果的だということです。自社では、顧客の手間はどうなっているでしょうか?どうすれば軽減できるでしょうか?

2025年稼げる新職業

2025年稼げる新職業


日経ビジネス7月2日号に、表題の特集がありました。ほとんどなじみのないものばかりなので、驚きました。これを見るだけで、世の中の変化のスピードを感じることができます。

特集では、東大・京大合格者を多数出す超一流高校で新職業に対するアンケートの結果を紹介しています。職業に就きたい順序です。私にとっては、ほとんどなんだかわからない職業です。みなさまは、いかがでしょうか?ざっと見て、世間の変化とそのスピードを感じてください。

1.データサイエンティスト
2.オンライントレーダー
3.eスポーツプレーヤー
4.サイボーグ技術者
5.コミュニケーションデザイナー
6.仮想空間創造師
7.クラウドファンディングコンサルタント
8.Vチューバー
9.コミュニケーションAI開発者
10.ランドスケープアーキテクト
11.ホワイトハッカー
12.DNA解析専門家
13.人工肉クリエーター
14.相続解決人
15.インセクトブリーダー
16.メディカルサイエンスリエゾン
17.IoT農家
18.マンガソムリエ
19.ネット探偵
20.ドローン制御技師

とはいうものの、今までも新しい仕事はどんどん出てきています。電気屋さんも、自動車屋さんも、電気や自動車がなかったときにはありませんでした。私の仕事、税理士も戦後の仕事です。江戸時代でいっても、浮世絵師でさえ、新しい仕事であった時期があったのです。

私たちはなんとか時代にくっついて、押し流されずに、生きてきたのです。カタカナばかりの、どんな仕事なのか検討がつかない仕事、びっくりしますが、なんとかついていくことになるのだと思います。

ガンジーの言葉が、浮かびます。「永遠に生きるかのように学べ」です。気持ちよく生き続けていくために、「今さら」とか言わないで、時代に対応していきたいものです。

仕事ができない人に共通するヤバい口癖

東洋経済ONLINEの記事です。面白いので抜粋してご紹介します。

・口癖1
「~だから、できない」:「今はおカネがないから、できない」「協力者がいないから、できない」など条件が整わないから「先延ばし」する方の口癖です。「できない条件」をできるだけたくさん集めて、自分を納得させてしまいます。

・口癖2
「~だったらどうしよう……」:「失敗したらどうしよう」「無駄になったらどうしよう」などが典型です。

・口癖3
「今さら~」:これは年齢を理由に「先延ばし」する方の言い訳です。「今さらはじめてもモノになるとは思えない」「あと10年若ければやっていたのに」なども同じ部類です。決して戻ることのできない「時間」を理由に、「行動」をやめてしまいます。

・口癖4
「もう少し学んでから……」:こちらは「今は」実力不足だから先延ばしする。絶対失敗しない準備をしているうちに、時間切れになってしまいます。

・口癖5
「難しそう……」:難しいという前提をつくることで、思いどおりにいかなかったときに傷つかないように予防線を張っているのです。その結果、行動しない。

・口癖6
「あれもこれもやらないと……」:「あれも、これも」と、仕事上のタスクがいっぱいある状況で、仕事の優先順位がつけられないのです。その結果、たくさん働いているわりには、大事な仕事を先延ばししてしまい、望むような結果が出ません。

いかがでしょうか?「今さら」使わないようにしたいですね。

『1分で話せ』

伊藤羊一著 SBクリエイティブ 238頁 1,400円+税
著者は、Yahoo!アカデミア学長、グロービス経営大学院客員教授。この本の冒頭、前書きの前にこんな言葉が出てきます。

「95%くらいの方はいらない話を省けないばかりに、伝わらない状態でいます。しかも、そのことに気づかない」、話を短くしないから伝わらないというのです。
本文に入りましょう。かいつまんでご紹介します。

★1分で伝える
人は、相手の話の80%は聞いていない。自分の話を聞いてほしいなら、みんな人の話を聞いていないということからスタートしなければならない。しかし、コミュニケーションは必要だ。どうすればよいのか。

しっかり聞いてもらうには、1分間で話せるように話を組み立てることが必要だ。1分でまとまらない話は、結局何時間かけて話しても伝わらない。

1分で話すなど無理だというかもしれないが、どんな話でも『1分』で伝えることはできる。5分で話すべきことも、30分かけて話すことも、1時間与えられた時でも、まずは、1分間で話せるように話を組み立てる。

★プレゼン
プレゼンについて考えてみよう。プレゼンは、誰に何を、どうしてもらいたいのかだ。どうしてもらいたいのか、が抜けていることが多い。プレゼンのゴールは、相手に何かをしてもらうことだ。だからどうしてもらいたいのかが抜けていてはいけない。ゴールをはっきりさせる。

①と②を比較してみよう。
①:分析したのですが、Aはこんな状況で、Bはこんな状況です。
②:現段階ではAのプランを優先させるべきです。

①のプレゼンには主張がない、どうすればいいかがない。「Aさんがいいと言ってた」「数字が上がっている」、これでは主張がない。てっぺんがないピラミッドだ。たとえば、「増産」という主張がなければならない。必要があれば根拠を述べる。

★不要なものを省く:スッキリが鉄則
・プロセスや自分の頑張りは言わない。
×私は今年と昨年の資料を検討したのですが、それだけでは足りないと思い、10年間分の資料を前任の山田さんからもらって調査した結果、全体としてはA案を押していくべきではないかと思いました。

〇A案を押していくべきだと考えます。
・自分の意見とは違うことは言わない

×私はA案を押していますが、実はA案にこんな欠点もあって、その分はB案のほうが優れています。その点、A案は心配もあるのですが、でもそれを覆せる強みもあると思います。

〇私は、A案に賛成です。

★伝え方のパターンを使う:次の二つが有名。

SDS:結論(Summary)―詳細(Detail)-結論。
例「禁煙しましょう。なぜならば(理由3つ)。ということで禁煙しましょう」

PREP:「禁煙しましょう。(理由)健康に悪いから。
(例)例えば、喫煙者は早死にする。だから、禁煙しましょう」

以上、いかがでしたか?1分で伝わらないことはない。試してみましょう。

大谷翔平マンダラチャート

大谷翔平マンダラチャート

あるお客様から、大谷翔平のマンダラチャートを社員に書かせたいので、指導してほしいとの依頼を受けました。私は、大谷翔平がマンダラチャートを書いていたことを知らなかったので、とてもびっくして調べてみました。

真ん中に書かれている「ドラ1_8球団」が大谷翔平さんの大目標です。この目標を達成するための中目標が周りに8つあります。キレ、スピード、変化球などなどです。そしてこれらの中目標が八方に散って、3×3のマスの真ん中に来ます。周囲には中目標を達成するための小目標が記入されています。

大谷翔平さんが、大目標に向かおうとしたルートがよくわかります。

このチャートの良いところは、大目標の達成のために、手段である中目標、そして中目標を達成するための小目標と目標を小さく刻んでいくところと、無理やりたくさんの目標を書かせるところだと思います。

真ん中に新規顧客獲得とか、売上増加などと書き込み、作ってみてはいかがでしょう?

「面倒くさい」


極端な消費者が急増しているという特集が日経ビジネス5.14号にありました。
びっくりするような内容ですのでご紹介します。

★ペットを飼うのが面倒
ペットをシェア:ペットを飼うと、毎日のしつけ、散歩が大変。医療費が負担になる。高齢になったときの介護が大変。だいたい最後まで世話できるのか?
★ジグソーパズルするのが面倒⇒作ってもらう。
★プラモデル⇒作ってもらう
★葬儀、二時間もかかる⇒ドライブスルー葬儀で2~3分
★飲み、友達と日程を合わせるのが面倒⇒一人飲み推奨店に行く
★コインロッカー探すのが面倒⇒街中預かりどころサービス
★何杯も飲むのが面倒⇒高アルコール飲料
★キャンプに行きたいが遠くに行くのは面倒⇒都市型グランピング(デラックスキャンプ)
★転職したいけど面倒⇒スカウターの転職サービス。相談員が志望動機の文章、履歴書などをサポートする。
★レストランに行くのが面倒⇒ウーバーイーツ。有名レストランの食事を持ってきてくれる。

いかがでしょう。びっくりされましたか?消費者はますます横着になっているようです。ネットでの購買でも、買い物かごに入れた後の手続きが面倒で、買わないでそのサイトを出て行ってしまう人が40%以上いるそうです。買い物かごまで達しない人も大勢いるでしょう。売る側として、すこしでもお客様に手間をかけさせないようにすることがますます大切になっているのだと感じました。

『失敗の科学』

マシュー・サイド著 ディスカヴァー・トゥエンティワン 342頁 1,900円+税

著者はコラムニスト。卓球選手で10年近くイングランド1位の座を守っていたという方です。さて、失敗は成功のもとといいますが、本書はさらに、失敗は不可欠であるといいます。
著者は「失敗を不名誉なものととらえる傾向は少なくとも2500年前から見られる。本書の目的は、こうした失敗のとらえ方を根本から覆し、仕事や日常生活で究極のパフォーマンスを引き出すことにある」と言います。少しご紹介します。

★失敗は「してもいい」ではなく「欠かせない」
ベッカムは言った。「私のフリーキックというと、みんなゴールが決まったところばかりイメージするようです。でも、私の頭には数えきれないほどの失敗したシュートが浮かびます」イングランド代表のキャプテンだった頃は、チームのトレーニングが終わった後も、残ってフリーキックの練習を重ねていたことで有名だ。誰でも成功に向けて努力はするが、そのプロセスに「失敗が欠かせない」と強く認識しているのは、こうした成功者であることが多い。マイケル・ジョーダンもその一人だ。あるCMでこう言っていた。「私は9000本以上シュートを外し、ほぼ300試合で負けた。ウイニングショットを任されて外したことは26回ある」

★ある陶芸クラス
生徒が2組に分けられ、一方は作品を「量」で評価し、もう一方は「質」で評価すると告げられた。量のグループは、最終日に全作品を提出し、総重量で評価される。重い方が評価が高い。質のグループは、自分で最高だと思う作品をひとつ提出する。全作品中最も「質」の高い製品を出したのは、「量」を求めたグループだった。

量のグループは、実際に作品を次から次へと作って試行錯誤を重ね、粘土の扱いもうまくなった。しかし質のグループは、最初から完璧な作品を作ろうとするあまり頭で考えることに時間をかけすぎてしまった。結局あとに残ったのは、壮大な理論と粘土の塊だった。

★マージナル・ゲイン(小さな改善)一発逆転より、百発逆転
小林尊はホットドッグ早食いコンテストに挑戦した。歴代のチャンピオンは、端から口に押し込んでいたが、小林は半分に割ってから食べてみた。実際にやってみると、咀嚼しやすく、手もすぐ自由になって、ペースよく次のホットドッグを口に運べた。次にソーセージを先に食べてからパンを食べてみた。ソーセージは食べやすかったが、パンはもさもさしててこずった。そこで、パンを水につけてみた。水の温度を変えたり、植物油を数滴まぜたりした。自分のトレーニングの様子を録画し、さらに少しずつ違う方法を試した。全速力で一気に食べたり、ラストスパートをかけたりもした。さまざまな噛み方や飲み込み方、食べたものが胃に入りやすいように腰を揺らす方法も考えた。こうして小林は、小さな仮説をひとつずつ丁寧に検証していった。

★成長が遅い人は失敗の理由を「知性」に求める
ある心理学者は、11~12歳の子どもたちをふたつのマインドセットのグループにわけた。①固定的マインドセットと②成長型マインドセットだ。そして、困難なタスクを与えた。①の子どもたちは、「きっとボクはあまり頭がよくないんだ」「前から記憶力が悪かったから」と言って、おざなりな態度を示した。

いかがでしたか?どんどん失敗してみましょう。

若者のファッション消費が激変

若者のファッション消費が激変


表題の記事が東洋経済オンラインにありました。
たいへんびっくりしたので要約してご紹介します。
このような動きをまだ知らない方はびっくりするでしょう。

若者のファッション・メークに対する意識、消費の仕方や価値観が大きく変わっている。売り手側はこの急激で複雑な変化にキャッチアップできていないことが多い。「特に店頭での若者への購買促進が非常に難しくなった」という声が多くなっている。

①ブランド物を買うときは、「売ること前提」で選ぶ
近年メルカリをはじめとするフリマアプリの流行によって、若者の買い物の仕方が大きく変化している。お店で試着して「いいな」と思った商品をその場で買う前に、メルカリで安く売られていないかチェックするのはもはや常識。また、フリマアプリでは、有名ブランドの物だとハッキリわかる商品は高く売れる。だから、服を買うときは安くても売れないノーブランドの服よりも、高価でも売りやすいブランド物を買うのだ。

②コスメは「使いかけ」を買って試してまた売って
「値段は高くても質の良い化粧品を使いたいが、なかなか良いと思えるものに出合えない。でも、それを見つけるためにいちいち新品を買っていたらおカネがいくらあっても足りない。だから、使いかけのものをフリマで安く買う。

③スマホの中だけでショッピング完結
「前は、ウインドーショッピングに新宿、渋谷に行っていたけど、今はWEARやInstagramがお店のような感覚。WEARでたくさんフォロワーがいるアカウントの、『いいね』がたくさんついているコーデをまねすれば、間違いなく周りにもウケがいいから安心」

運賃無料タクシー


運賃無料のタクシーが福岡に誕生します。乗車している間に顧客が提供した情報に基づいて各種広告を提供し、広告料で運賃を賄うのです。以下sankeibizの記事を要約します。nommocのホームページに動画もあります。短くまとまっているし、面白いです。また、ちょっと怖い気もします。ぜひ、ご覧ください。きっとびっくりします。

日本初、運賃無料“タクシー”をスタートさせようとしているのは、「15歳起業」の若手実業家、nommoc社長の吉田拓巳氏。2019年3月から、日本で初めての無料の配車・運行サービスを始める。利用者は専用のアプリを使って配車を受け、車内のディスプレーに店や商品などの情報が流される。走る広告塔として、運賃に当たる運行コストは広告のスポンサーが負担する仕組み。

新会社は、日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスのFUNDINNO(ファンディーノ)を通じ、目標額5000万円を調達する。8日夜に募集を開示し、12日から申し込みを受け付ける。

無料の配車サービスは、社名と同じサービス名で、コンパクトシティーである福岡市の天神を中心に10台ほどでスタートし、東京五輪が開催される2020年をめどに、東京など主要都市での展開を目指す。

具体的には、米ウーバー・テクノロジーズが運営する自動車配車サービスのように、スマートフォンの専用アプリで配車を受ける。アプリからは利用者の情報が送られるため、乗車中、車内の広告ディスプレーには、利用者が関心を持っているファッションブランドやランチのおすすめなどが常時配信される。

『人生と仕事を変える小さな習慣250 ライフハック大全』


堀正岳 KADOKAWA 303頁 1,500円+税

ライフハックとは、情報処理業界を中心とした「仕事術」のことで、いかに作業を簡便かつ効率良く行うかを主眼としたテクニック群です。たとえば、テレビ番組の伊東家の食卓では、 「裏ワザ」と称してライフハックを紹介していました。

本書の見開きには、
・本当に小さなワザをたくさん紹介します
・興味のある所だけ読み、実践してください
・人生が大きく、快適に変わります

と書いてあります。人生が大きく、快適に変わるかどうかやってみたいです。

いくつかご紹介します。
★リミックス
クリエイティブな仕事のほとんどは既存の物を下地にしてできている。「スター・ウオーズ」のさまざまなモチーフが黒澤明の時代劇、「暁の出撃」のような戦争映画、そしてフランスのSFコミックから合成されたものであるというように。アイデアを生み出すときには、1.コピーし、2.変容し、3.合成するという三段階を意識してすればよい。

★大量の悪いアイデアを作る
発明王エジソンは1000件以上の特許を申請しているがその背景にはアイデアを記載した3500冊ものノートがあった。悪いアイデアがあってこそ良いアイデアが生まれたのだ。大量の悪いアイデアを生み出す仕組みに注意するほうが良いアイデアへの近道になる。例えば、毎朝5つのアイデアを書き出すなどだ。4つめ5つめになるといいアイデアのネタは尽きていて、悪いアイデアが出やすくなっている。

★グーグル検索テクニック
キーワードを入れただけでは結果が広がりすぎてしまうことが多い。そこで、次のような機能を使う。
・“ライフハック”:二重引用符で完全一致
・-ハッカー:マイナス‐で除外
・Mac OR PC : ORでもしくは
・100..200: 100~200の数字にマッチ

★嫌なニュースは見ない
ほとんどのニュースは最近起こった悪い出来事についてのものだ。災害、犯罪、汚職政治的な争いなどのニュースに時間を使って丹念に情報を追いかけても、ほとんどの場合はムダでしかない。そこで、こうした時事的なニュースを自分から読みにいき、追い求めるのは最初からやめてしまい、もっと有益な情報に時間を割り当てる。嫌なニュースを日常的に見ていると、それに慣れてしまい、心が次第に冷えてくる。

★Lynda
各種の研修動画。1本あたり5~10分程度と短い。パソコンでもスマートフォンでも見ることができる。有料で月額900円だが1か月間無料視聴できる。内容はビジネススキル、ITなど。

・Windows 10 すぐに役立つ便利技:Windowsを使いやすいようにカスタマイズしよう
・Excel 2013 すぐに役立つ小ワザ集:便利な機能やツールを活用するテクニックをマスターしよう
・Word 2013 すぐに役立つ小ワザ集:Wordの便利な機能やツールを活用しよう

早速Lyndaで検索して、おもしろそうなものを視聴してみませんか?

いかがでしょうか? 使えそうなのがあったでしょうか? 
本書には、250もの小さなワザが紹介されています。使えそうなワザ、おもしろいワザがきっと見つかるでしょう。書店で、ぱらぱらとめくってみてください。人生が大きく変わるかもしれません。

脳の改善

脳の改善


日系三世のアメリカ人、ウェンディ鈴木さんは、有名な脳学者です。
著書『健康な脳、ハッピーな生活』の中で次のように言っています。

脳の機能は鍛えることによってどんどんよくなる。創造性も、特別なものではなく、思考の一形態に過ぎない。だから他の認知能力などと同じように練習することによって改善することができる。では、どんな練習をすればいいのでしょうか?

★既存の物を新しい方法で扱う
・いつも使っている日用品の新しい使用方法を考える:歯ブラシ、トースター、ホッチキス、輪ゴムなど
・コーヒーなどの新しい飲み方
・ペットの犬や猫と遊ぶ方法を三つ考える
・会社に行く新しい方法、道筋を考える。

★同時により多くの感覚を使う
同時により多くの感覚を使うことによって創造性は飛躍的に改善します。通常の快適な活動を離れて、何か新しいことを学ぶのです。

★ちょっとした新しいことをする
・つまようじや柔らかいキャンディーを使って、幾何学的な立体を作る
・色紙を切って、マチスのような抽象画を作ってみる
・台所に行って、そこにあるものだけで何か料理を作る
・好きな歌の替え歌を作る
・外に出て座り、4分間目をつぶる。新しい方法で世界の音を聞く
・劇や詩を、俳優になったつもりで感情を込めて読む

 要するに新しいことならなんでもOKのようです。
 

永遠に生きるかのように


平昌五輪金メダリスト小平奈緒さんの座右の銘は、マハトマ・ガンジーの「明日死ぬかのように生きろ、永遠に生きるかのように学べ」だそうです。前半の「明日死ぬかのように生きろ」は、私にとってはハードルが高すぎて、どうしてよいかわかりませんが、後半の「永遠に生きるかのように学べ」については、ずしんと心に響きます。そして、どうすればよいのかもわかるように思います。

「あと何年生きるかわからんのに、●〇して何になる?役に立つんか?」という言葉をたまに聞きます。自分でもたまにそう思うことがあります。そんなときにこの言葉は、とてもいいです。

「あと何年」とか考えるな、考える必要はない。「永遠に生きるかのように」ただ何か学べばよいのです。役に立つのか立たないのかも考える必要はない。そう言っているように思えます。

「今更、〇●なんてできない」などということも言えなくなります。なにしろ、永遠に生きるわけですから、今まで生きてきたより長い時間が将来に広がっています。ですから、「今更」なんて言えません。

さて、それでは何を学ぶのか。なんでもいいと思います。役に立つことでも、何の役に立つのかわからないことでも、商売に関係のあるものでも、直接は関係のないものでも。そして、学ぶことの中でも、とっつきやすいのは、新しいことをすることです。

「永遠に生きるかのように」いろいろなことを学び、「永遠に生きるかのように」新規顧客をゲットし、「永遠に生きるかのように」売り上げを増やす。そして新しいことをする。

『スタンフォードの自分を変える教室』

ケリー・マクゴニガル 大和書房 342頁 1,600円+税
著者はスタンフォード大学の医学部健康増進プログラム担当の健康心理学者です。本書では、心理学、経済学、神経科学、医学の見地から自己コントロールに関する最新の見解を教えてくれます。
いくつかご紹介します。

★ストレス
ストレスは私たちに、思慮分別を失わせ、いたずらに本能のままに動かそうとする。喫煙者が歯医者に行かなくてはと思うと猛烈にタバコを吸いたくなる。大食漢が人前でのスピーチを命じられると、こってりとした甘いものがいっぱい食べたくなる。実験用ラットにいきなり電気ショック(ストレス)を与えるとアルコール、砂糖、ヘロインなどに飛びつく。

★ストレス解消法
米国心理学会によると、最も一般的なストレス解消法は、食べる、飲む、ショッピング、テレビ、インターネット、テレビゲームなどだ。これは、脳の報酬システムというものを活性化させ、ドーパミンという物質を分泌する。その結果、気分がよくなる。

しかし、同学会が、実際にそれらの方法を行っている人にその効果を聞いたところ、効果的だと答えた人はわずかだった。ドーパミンは気分を一時的に良くするが、もっともっとという欲求を作り、決して満足させない。その結果気分が落ち込むのだ。

★ドーナツとお菓子の実験
・失敗したときに厳しくするか、やさしくするか:罪悪感の効果
ダイエットを気にしている女性が対象。
参加者への説明:「実験は2種類あり、ひとつは食べ物が気分に与える影響を調べる実験で、もうひとつはいろいろな味のお菓子の試食」
最初の実験では、すべての女性にシュガーシロップをかけたドーナツかチョコレートドーナツのどちらかを選ばせ、4分以内に食べ終えてもらう。

半数の女性には、「参加者の方々のなかにはドーナツをまるごと食べたせいで罪悪感を覚える方がよくいるんです。あまり自分に厳しくしないように、誰だってときには自分を甘やかすこともあるってことを、忘れないでくださいね」と温かい言葉をかけた。残りの半数にはとくに何の言葉もかけなかった。

そして、次の実験に入った。実験担当者は各参加者の前にお菓子の入った大きなボールを3つ並べ、女性たちにそれぞれのお菓子を食べ、味を評価するように指示した。お菓子は好きなだけ食べてもいいし、ちょっとだけ食べてもいい。

試食がすんだ後、ボールの重さを量り、各参加者が食べたお菓子の量を割り出した。温かい言葉をかけられた女性たちが食べたお菓子の量は28グラムだったのに対し、何の言葉もかけてもらえなかった女性たちは70グラムも食べていた。

ドーナツを食べてしまったという罪の意識が取り除かれることで、食べすぎることがなかったのだ。罪悪感はあやまちを正すのに役に立つと思いがちだが実はそうではない。落ち込んでいると誘惑に負けやすいのだ。
 
いかがでしょうか?ドーナツの実験の結果は意外だったのではないでしょうか?厳しくするのだけが正解ではないようです。

小規模事業者向け補助金

小規模事業者向け補助金


販路開拓等の取り組みに対し、50万円を上限に2/3の補助金が出ます。概略をご紹介します。
詳しくはこちらをご覧ください
※本年度は終了していますが来年に向けて参考までに。

◆対象企業(人数は従業員数)
・卸小売業:5人以下
・サービス業(宿泊・娯楽以外):5人以下
・製造業その他:20人以下

◆対象となる事業

・地道な販路開拓等のための取組であること。
・販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。

◆補助対象経費
機械装置等、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、設備処分費、委託費

◆取組事例

(1)地道な販路開拓等の取組
・新商品を陳列するための棚の購入
・新たな販促用チラシの作成、送付
・新たな販促用PR(ウェブサイトでの広告)
・新たな販促品の調達、配布
・ネット販売システムの構築
・新商品の開発、必要な図書の購入
・新たな販促用チラシのポスティング
・国内外での商品PRイベント会場借上
・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言
・店舗改装

(2)業務効率化(生産性向上)の取組・従業員の作業導線の確保や整理スペースの導入のための店舗改装
・新たに労務管理システムのソフトウェアを購入し、人事・給与管理業務を効率化する
・新たに経理・会計ソフトウェアを購入

将来と今後の対策


ニューヨーク大学教授で神経科学者のウェンディ・鈴木さんは、運動が頭の働きを高め、気分も良くするということを主張して、自らも運動を取り入れています。また、大学での授業にもインテンサティというダンスのようなものを取り入れて効果を出しています。
鈴木さんは、運動をする時間がない人のためとして、自分でもしている4分間でする運動を紹介しています。たった4分です。できそうなものを見つけて、ぜひやってみてください。

・好きな歌のリズムに乗って、歌が終わるまで階段を上る。それからエレベータで残りを上がる
・同僚や友達と、机に手を置いて腕立て伏せする
・椅子から立ち上がるスクワット
・歯を磨く間、膝を深く曲げるスクワットと側屈を繰り返す。側屈は、タオルを両手で持って頭を覆うとより効果的
・タイマーを4分にセットして、家やオフィスの掃除をできるだけ素早くする
・フラフープをする
・テレビのコマーシャルの間、挙手跳躍運動をする
・腕相撲をする
・好きな歌に合わせてダンスをする
・違う階のお手洗いに行く
・縄跳び用の縄を持ち歩き、いつでもどこでも時間があるときにする

要するになんでもいいから、ちょっとでもいいから体を動かしなさい。頭の働きがよくなるということでしょう。自分でも、何か考えてやってみたくなります。

『お客さんがホイホイ集まる法則』


竹内謙礼著 日本経済新聞出版社 214頁 1,500円+税
著者の竹内謙礼さんは、経営コンサルタントです。ある日、日経MJから、企業や店舗から売れる秘訣を聞き出して記事にする仕事の依頼を受けました。著者は「売れる秘訣」を聞き出したいが、相手は話したくない。そこで腹を割って話してもらうために一緒にお酒を飲んだり、実際に商品を購入したり、イベントに参加したり、客寄せの手伝いをしたりしたそうです。そうして連載は250回続きました。その中から著者がイチオシと思えるものを50選んだのがこの本です。いくつかご紹介します。

★金目鯛の宿
静岡県伊東市。新しく宿を始めることを決めた岸本昭男さんが、コンセプトとして打ち出したのが「金目鯛の宿」。地元では「今さら」と首を傾げられることが多かった。金目鯛は伊豆の名産品だが、どこの宿でも提供している。珍しい魚ではない。しかし、これは「明確」な売りとなって、すぐに口コミで話題になった。
この事例から学ぶことは、売りのコンセプトは具体的でなければならないということだ。「心休まる」とか「海が見える」より「金目鯛」は具体的で強い。

★オムライス専用ソース
浜松市の鳥居食品は、オムライス専用ソースを作り、年間1万5千本販売している。なぜ、作ったのか。「300人のモニター調査を行い、自宅で作るソースを列挙してもらうと、カレー、ハンバーグについで3番目にオムライスがあった」
この事例で学べる点は、問いの仕方だ。「どのようなソースが欲しいですか?」と聞いても、この答えは返ってこなかったかもしれない。鳥居食品は、消費者が自宅で作っているソースを聞き出すことで、市販されていないソースのマーケットを知ることができた。

★段ボール箱
宅配箱60ハウスタイプ:アースダンボールは、段ボールの製造販売会社。三角屋根がついた「宅配箱60ハウスタイプ」という変わった形の段ボールが好調に売れている。かわいらしい屋根と持ち手がついているため、見た目のインパクトが大きい。なぜ、作ったのか?「面白そうだったから、とりあえず作ってみた」そうだ。段ボールは製作コストと手間がかからない。そのため、面白そうな箱はとりあえず作るというのが方針だ。
この事例のポイントは、売れる商品に出会うためには「数」をこなす必要があるということである。売れるものだけの一点突破はまず不可能だ。「当たり」を引くためには、「数」を用意しなければならない。10商品出して、1つでもヒットすればラッキーである。

★土用の丑の日の豚肉
札幌市のスーパーマーケット内で精肉テナントを6店舗経営する株式会社アイトマン。同社では、「土用の丑の日には、肉は売れない」が常識だった。そんな諦めムードを打開するために豚のばら肉を蒲焼にし、土用の丑の日に販売してみた。急遽売り場を作ったためのぼりが手配できず、「うなぎの蒲焼」のうなぎの文字を切り取って「蒲焼」だけののぼりを設置した。
土用の丑の日の豚のばら肉の売上が、前年5万円だったのが53万円になった。「若いお客様の中には、うなぎより豚肉が食べたい人が多いことがわかった。また、うなぎが苦手だという人が意外に多いことも、今回初めて気づいた」そうだ。
この事例で学ぶべきは、豚のばら肉を蒲焼にと考え、すぐ売ったスピードと実行力だ。

将来と今後の対策

神田昌典講演会


先日、神田昌典さんという方の講演会に参加しました。お話が大変面白かったので、すこしご紹介します。

★未来を予測して、その影響に対処する準備をすすめる
2025年:大阪夢洲(ゆめしま)、万博、カジノー
2027年:リニア新幹線
2045年:シンギュラリティ、人工知能が急激な技術の成長を引き起こし、人間文明に計り知れない変化をもたらす。2045年問題とも呼ばれている。

大きな変化が起こる。それに備えなければいけない。変化はすでに始まっている。たとえばビジネスでは、光本勇介、前田裕二、佐藤航陽、落合陽一などが出てきている(澤根注:すべてネット上で講演等を聞くことができるし、本も出ています)。この4人に共通することは、ポケモン世代だということだ。ポケモンは、敵を殺さない、そして進化する。それがウルトラマン世代との大きな違いだ。これからの変化の時代はAI、第4次産業革命だ。

★自分たちはどうするか

IT
既存の事業に少しITの要素を加える。少しでいい。それで大きく伸ばす。ITの優れた人材を求めてはいけない。優勝な人は全部amazonと外資に行っていて、身近にはいないからだ。

独自性
AIが発達し、どこでも同じものが手に入るようになる。そこで売れるためにはオリジナリティ、独自性がとても重要になる。その点で成功しているのは、「ブードゥー・ドーナツ」とかオランダのハンス・ブリンカー・ホテルだ。「ブードゥー・ドーナツ」は、ポートランドが本拠地のドーナツ専門店。ダウンタウンにドーナツ店がなく、ドーナツのことをまったく知らないふたりの若者がカリフォルニアでドーナツの基礎を学び、11年前にオープン。奇抜なドーナツであっという間に行列店となり、日本への進出も間近。ホテルは、世界一評判の悪いホテルという宣伝文句が受け大繁盛している。ホテルの看板には、「免疫力を高めよう」と書かれている。ホテルが汚いから免疫力が高まると宣伝している。

では、どうやって自社、あるいは自社商品のオリジナリティを高めるか。それには、NPS、ネットプロモータースコアを使う。これは、顧客のロイヤルティを測るための、単純化されているが非常に重要な指標の1つ。

「あなたは○○の製品(サービス)を友人に薦めますか?」と聞いて0から10の間で答えてもらい、その数値によって信奉者、批判者、中立の3つのグループに分けるというもの。

CES、カスタマーエフォートサービスも利用できる。 “顧客が顧客自身の課題を解決するためにどれだけの労力を必要としたか ”を測る指標です。顧客は労力をかけたくないのです。具体的には、次のような質問をします。
「あなた様の課題解決を、当社はどれほどスムーズにできたでしょうか?」
「あなた様が○○○されるにあたり、当社はどれほどスムーズに対応できたでしょうか?」
NPSやCESを使って、自社の長所を知り、際立たせ、独自性を強化する。

心配をいやす
AIなど世の中の変化は激しい。したがって、世の中は不安に満ちている。心配を癒す商品サービスを考えよう。

中国の学習
中国ではものすごい学習ブームだ。勉強セールなどという販売促進が受けている。勉強の重要性は高まる。

『1分で仕事を片づける技術』


鈴木進介著 あさ出版 214頁 1,300円+税
著者は、経営コンサルタントで、思考の整理術を使った問題解決支援という独自の手法を取る方です。本書では、著者が出会ってきた仕事が早く、結果を出している人がしていること、著者が実践し、クライアントにも実践して成果が出ているものを厳選し紹介しているそうです。いくつかかいつまんでご紹介します。

★大原則
仕事に取り掛かる前に、頭の整理をし、仕事の仕方を考え、それに沿って進める。

★大きな仕事はばらして行う
大きな仕事は手軽な大きさに因数分解してしまう。これ以上ないくらい分解するとTo Doリストになる。

★To Doリスト
To Doリストはすべき項目をすべてリストアップしたもの。そこから、上位ベスト3をピックアップして、集中リストを作る。その3つが終わったらまた同じように集中リストを作ってやっていく。それを繰り返す。

★判断軸
判断軸を3つ持ち、優先度を決める。
1.緊急性と重要性:緊急であっても、緊急ではない重要性の高い仕事を優先させなければならないこともある。
2.定型的と非定型的:一般的に定型的な仕事は楽で時間がかからない。
3.自分仕事と他人仕事:自分でしかできない仕事か、他人に任せられる仕事か。

★仕事を捨てる
1.現時点で「緊急度と重要度」が低い仕事
2.誰がやっても同じ仕事

★完璧を目指さない
すべての仕事で完璧を目指さない。どこかでキリをつける。完璧を目指す仕事を絞る。

★仕組み化をすすめる
仕組み化によって、時間のムダが省け、ミスが減り、人に任せることができるようになる。繰り返し業務、忘れそうな業務、自動化できる業務が対象。

★自分と向き合う時間を多く持つ
一人で考える時間を確保する。

★会話は「1つのルーチン」と「3つのルール」で行う
・ルーチン:話す前に1分間伝えるポイントをまとめる。話す内容が多いときは3つ程度にポイントを整理する。頭の中に箇条書きする。
・3つのルール:①短く(Short)、②シンプル(Simple)、③ストレート(Straight)

★3つのルール
1.短く
話が長い人は会社に損失を与えている。話が長くなればなるほど、興味が薄れ、集中力もなくなる。短いほど理解度は深まる。話を短くするのは、次の三段階でする。
①Twitterの文字数140文字以下でまとめる。
②「要するに」をつけて30文字を目安にする。
③「ひと言で言うと」をつけて、15字前後にまとめる

2.シンプルに
PREPの型にはめる。Point(結論、要点)→Reason(理由)→Example(事例)→Point(再度ダメ押し結論)

3.ストレート
「一瞬でイメージできるかどうか」を常に考えながら話す。
①行動の1歩目がイメージできる
②5W1H(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように)の視点を使う
③数字で表現する

以上、ご紹介しましたが、仕事をすいすいと片づけるヒントがひとつでもあったでしょうか?まず、第一歩は、効率アップを目指しますことでしょう。

セルフメディケーション

セルフメディケーション


毎年1月1日から12月31日までに支払った医療費の金額によって、税金が安くなる制度が医療費控除です。これに新しい制度が加わりました。セルフメディケーションと言います。一定の薬品の購入費用について税金が安くなる制度です。

新しい制度といってもセルフメディケーションと従来の医療費控除の両方を同時に利用することはできません。セルフメディケーションか、従来の医療費控除かの二つに一つです。

セルフメディケーション税制は、②健康診断や予防接種等を受けた人について、①特定の医薬品の購入金額が1万2千円を超えた場合、超えた金額(上限8万8,000円)が所得控除の対象になります。

①特定の医薬品
厚生労働省のホームページにリストがある。パッケージにその旨の表示、レシートにも表示がある

②健康診断や予防接種等
会社や公的な『定期健康診断』や『特定健康診査(メタボ健診)』の他、『インフルエンザの予防接種』や『がん検診』、『健康診査』など。ただし、個人が任意に実施した人間ドックは含まれない。

従来の医療費控除を取るか、新しいセルフメディケーションを取るかで、有利不利ができます。それは、具体的な控除額を双方で計算して、比較して初めて明らかになります。ですから、有利不利を比較する場合には、両者を区分して集計しなければなりません。

いつ来るかはパート次第


「16人いるパートを対象にした勤務体系は、かなりユニーク。パートは自分の都合のいい日に出社して、都合のいい時間だけ働く。週や月の出勤日数の定めもなく、シフト表もない。いつ来ようが休もうが自由。事前に連絡する必要はなく、理由を聞かれることもない。」
日経トップリーダー1月号の記事にこんなのがありました。あまりにおもしろいので、そのまま紹介します。

「同社ではこの独自の勤務制度を「フリースケジュール」と呼んでおり、2013年から段階的に導入した。以前は一般的な会社と同じように出勤する曜日は決まっていて、欠勤や遅刻、早退をするときは書類を提出してもらい厳しくチェックしていた。しかしパートの定着率は低く、人間関係もギスギスしていた。」
「ホームページで募集をかけるとすぐに人が集まる。この4年で採用にかかったコストはゼロ」
「最初はパートと面談のうえ、1週間に来る日数は決め、曜日だけを自由にした。事前の出欠の連絡は禁止した」
「この形を2週間くらい試したが、問題がなく、パートごとに月に何日来るかだけ決め、あとは自由にした」
「この5年間でパートが1人も来なかったのは1日だけ」

この会社は、パプアニューギニア海産と言って、輸入した冷凍天然エビを加工販売する会社です。冷凍のエビを解凍、加工後に再凍結するのですが、数カ月は保存が利くので月単位で作って保存しておくのだそうです。

『2018年日本はこうなる』三菱UFJリサーチ&コンサルティング編
『日本大予測2018これからの日本の論点』日本経済新聞社編
『経済がわかる論点50』みずほ総合研究所

2018年はどんな年になるのでしょうか?
表題の三つの本から考えてみます。

★景気
緩やかな景気回復が続き、株価も安定している。ただし、世界景気の影響を受け下振れするリスクがある。長期的な景気回復が続いており、現在のところ戦後最長であるいざなみ景気(2002年2月~2008年2月、73カ月)に年末で並ぶ見込み。

澤根>好景気を実感されていない方も多いと思いますが、大切なのは、今が景気のいい状態なのだということを意識することです。
なお、政府は1月の月例経済報告で、前月までの「緩やかな回復基調が続いている」から「景気は緩やかに回復している」に上方修正し、個人消費は「緩やかに持ち直している」から「持ち直している」に、雇用情勢は「改善している」から「着実に改善している」に、それぞれ見直しました。

★上場企業
業績が拡大している。2016年半ばからの収益環境の改善が追い風となり、増収増益型の成長になってきた。回復期間を終えて、新たな成長を追う期間に入った。

★人手不足
求職者1人あたりの求人数を示す有効求人倍率は、2017年6月には1.51倍とバブル期のピークを突破し1974年2月以来の水準となった。失業率も2017年3月には2.8%と1994年以来の水準まで低下した。

澤根>人手不足が解消することは、上場企業の業績拡大の影響もあり、近い将来にはほぼ確実にないでしょう。対策は、募集し続けることと省力化です。省力化は、能率、効率の改善です。しなくてよいことはしない。誰でもが何でもできるようにするなど、いろいろ対策を考えましょう。

★SNS
フェイスブック、インスタグラムなどのSNSは、さらにビジネスと密接な関係を持つようになり、ソーシャルコマースと呼ばれている。消費者は、企業から情報を取得する前に、個人間ですでに情報を取得しているケースが多い。つまり、意思決定には個人間情報の交換が大きく寄与している。

澤根>自社もSNSを使えないか考えてみましょう。

★民泊
民泊大手のAirbnbなどにより、民泊事業が急拡大している。公的な統計は存在しないが、2016年には前年比160%増で、利用者は370万人と言われている。外国人旅行者の15%が利用したことになる。訪日客が増加するにつれ、民泊事業も拡大していく。

澤根>民泊事業が急拡大しているわけですが、これは今まであった言葉でいうと民宿ですし、ホームステイのようなものでもあります。民宿が民宿のままであれば、これほど急拡大することはなかったでしょうし、ホームステイは営利とはほぼ無縁の存在でした。すでにあったものが、何かのきっかけで世の中に大きな影響を与えるようになったのです。今までにもありました。雑貨店がコンビニになりました。古本屋も大変身しました。ITとかSNSとかのまったく新しいもの以外にも、大きな変化が出てきています。身の回りにも、自分が中心になって何か起こすチャンスがあるかもしれません。そんなに大きくなくてもちょっとでいいのです。探してみましょう。

岡山の景気

いきなり!ステーキ


「いきなり!ステーキ」が、岡山一番街にオープンしました。このお店ご存知でしょうか?立ち食いスタイルで売り出したステーキ屋さんです。先日夕刻、前を通りかかったら大勢の人が並んでいました。椅子席だけで、立ち席は見えませんでした。

2013年12月に東京都中央区の銀座4丁目に1号店をオープンし、急速なチェーン展開で、2015年10月までに、東京都内に46店舗、全国に64店舗を出店、2017年11月末日現在173店舗になっています。

以下、ウィキぺデイアから要約します。

予約不要の立ち食いスタイルを特徴としており(一部店舗に事前予約可能な椅子席もある)、平日ランチタイムを除いて、客が好みの肉の量を指定して店員がその場で切り分け、これを焼き上げて提供する「オーダーカット」方式を採用している。1g単位で価格が設定されており、ヒレステーキは200g以上、他のステーキは300g以上で注文する。定量サイズのメニューのみが提供される。

この「立ち食いスタイルのステーキ店」という業態について、『俺のイタリアン』を参考にしたということである。「いきなり!ステーキ」の原価率は、通常の倍程度にあたる70%以上といわれており、サラダや飲み物などを含めた全体でも60%程度とされている。立ち食い形式を取ることで回転率は極めて高く、在店時間はランチタイム20分、ディナータイム30分程度とされている。ナイフやフォークを使用するため、一人あたりのスペースが立ち食いそばや立ち飲みに比べて多く必要となるが、その点は回転率の高さでカバーしている。

岡山の景気


岡山の景気はどうなっているでしょうか?悪くはないと思っているのですが、日銀岡山支店の資料を見てみましょう。(岡山県金融経済月報12月15日)

1.個人消費:持ち直し

百貨店およびスーパー売上高、家電販売は、持ち直している。乗用車販売は、横ばい圏内で推移している。

2.設備投資:持ち直し

12月短観調査における17年度の設備投資計画をみると、製造業、非製造業ともに増加計画となっている。

3.住宅投資:横ばい
10月の県内新設住宅着工戸数前年を上回った。
4.公共投資:横ばい
5.輸 出:持ち直し
6.生 産:持ち直し
7.雇用・所得
労働需給が引き締まっているほか、雇用者所得は改善を続けている。
有効求人倍率は、高水準で推移。
9月の一人当たり現金給与総額は、前年を上回った。
8.物 価
10月の岡山市消費者物価指数(2015 年基準、生鮮食品を除くベース)は、生鮮食品を除く食料、光熱・水道を中心に前年を上回った。
9.企業倒産
11月の県内企業倒産件数は前年を上回ったものの、負債総額は前年を下回った。

ざっと以上の通りです。
景気はわずかに良くて、採用難がひどくなっている感じです。

『儲けのしくみ 50万円からできるビジネスモデル50』

酒井威津善著 自由国民社 1500円+税、255頁
本書のカバー折り返しに「全国400万人の中小企業経営者、個人事業者の方へ 1日15分!50個の公式に当てはめるだけであなたの会社が爆発的に儲かりだす!」とあります。犠牲にするのは1日にたった15分、やってみたくなりませんか?

この本は、第2章で原則となる発想法を取り扱い、第3章でそれに基づいた50の公式を紹介しています。それぞれに具体的な会社のURLがついているので詳しい内容を知ることができます。ここでは、第2章の原則の中から、「ビジネスモデルを生み出す6つの切り口」と公式の1つを紹介します。

1.顧客を変える
①買わない客をターゲットにする:格安メガネのJINSは、従来メガネを掛けなかった人たちに「ファッション」として、低価格で眼鏡を提供するコンセプトで成功した。
②利用者ではない人をターゲットにする:子供向け商品の購入者は親や祖父母、また、介護施設の利用者は親世代だが、施設を決めるのは家族のことがある。
③層を変える:従来子供向けの商品を高齢者に販売する。

2.商品・サービスを変える
①簡略化:既存ビジネスの手続きや手順を減らす。QBハウスが有名。従来の理容室の流れを6分割し、カットだけに絞り込み10分千円の均一化に成功。
②無料化、低価格化:従来費用のかかっていたものを無料化または低価格化する。無料化した分の収益を他のところでカバーする。「知るカフェ」は、就活生と企業の採用担当者が出会うところだが、学生は無料、お金は企業が払う。
③イージーオーダー:ユニクロがイージーオーダーを展開している。「安い」「品質が良い」だけではやっていけない。また、フルオーダーでは採算が合わない。そこでイージーオーダー。基本的なパターンを用意しておき、その中から選んでもらう。
④コンセプトチェンジ:商品やサービスが持つ意味を変える。

3.価格軸を変える
ターゲットを絞って価格を変える。

4.場所を変える
①スーパーや魚屋で売っていたものをiPadで売る。
②ネットでも、売っているサイトを変える。

5.時間帯を変える
①週のうち何回かだけ。
②深夜、早朝だけ。
③他社が営業していない時間帯に営業する。

6.プロセスを変える
iPadで魚を売る例では、
港⇒卸⇒小売⇒消費者であったのを
港⇒小売⇒消費者
とした。

★公式12_無料提供で顧客との接点を持つ
無料でサービスを提供し、本来売りたいものへとつなげる。これは、ネットの中ではもはや当たり前。たとえば、「タダヤサイドットコム」。農家と消費者を結ぶサイトで、消費者は、無料で野菜を手に入れることができる。また、農家は、固定費無料で野菜を出品でき、販売した場合のみ手数料を支払うようになっている。

一番簡単な経営計画

一番簡単な経営計画

事業の将来のことを考えてみたいと思っても、日常業務に追われてなかなか時間をとることができないと思います。ところが、簡単に経営計画ができてしまう様式があります。A4用紙たった2枚です。中小企業庁の様式です。しかも作れば、税金が安くなり、金融支援が受けられるかもしれません。それは、「経営力向上計画に係る認定申請書」です。

「経営力向上計画に係る認定申請書」

この申請書を経済産業局長に提出して、認定してもらいます。内容は、

1.企業の名称
2.事業分野
3.実施時期
4.現状認識
5.経営力向上の程度を示す目標
6.経営力向上の内容
7.経営力向上を実施するために必要な資金の額及びその調達方法
8.経営力向上設備等の種類

の8項目で、A4用紙2枚に書くようになっています。

これを使えば、今まで時間がなくて将来のことなど考えられなかったのが、考えることができ、しかも紙にまとめることができます。おまけに、8の「経営力向上設備等」は、補助金に結びつくかもわかりません。

今すぐにでも、「経営力向上計画に係る認定申請書」でネット検索してみてください。詳しい内容がわかります。

申請書の業種別の記載例も掲載されています。製造業、卸・小売業、外食・中食、医療、介護、貨物自動車運送業、自動車整備、建設業、不動産業など多数あります。自社の業種を見てみると仕事のヒントが得られるかもわかりません。

また、「経営力向上計画」作ってみたい、申請してみたいと言う方は澤根までご連絡ください。

酒商山田:広島の酒屋

この記事は、『日経トップリーダー』11月号の特集「小さな会社の『戦わない経営』」の要約です。「酒商山田」の実施したことは、前項で紹介した内容の何にあてはまるでしょうか。考えながら読むと面白いと思います。

酒商山田の現社長で4代目の山田淳仁さんは、思い切った業態転換で家業を成長させた。1989年に会社を辞めて家業に戻ったとき、ビールとタバコが売上高の9割を占めていた。当時の売上高は1億5千万円。家族以外に社員1人、パート1人、アルバイト2人で、経営難が続いていた。珍しい日本酒の営業をしても、知り合いの紹介で新顧客を獲得しても同業者から攻撃される。そこで考えたのは逆の道を行くことだった。

商品を次々に追加するコンビニの逆は商品を絞ること、ディスカウント酒店の逆は無名の小規模酒屋の酒を定価で販売することだ。ビールを減らし、日本酒と本格焼酎に道を進めた。贈答用の酒に贈り手の思いを描いたオリジナルのラベルを提案し、飲食店に関しては、店が繁盛するためのアドバイスを提供した。日本酒が売上の90%になったのは10年後の2000年だったが、そこからの成長は早く、2004年には売上4億に達した。

澤根なりに前項目との関連を考えてみると、はっきりとわかりやすいのはビールを捨てたことで、これは、(8)の資源の集中でしょう。また、(1)では、外部の酒販売の現状を頭に入れて、(2)に関連しては、外部と戦うのではなく、日本酒と焼酎という新しい機会を発見したことでしょう。

『創造する経営者』

P.F.ドラッカー著 上田惇生訳 ダイヤモンド社 1800円+税、314頁
本書は、著者によると事業戦略についての世界で最初の本です。1964年の出版ですから、半世紀以上前のものですが、内容は十分今日でも使えるように思います。企業の現実について、大部分の人は知っているが、知っているだけでほとんどの人がそれらを経営に生かしていないことが「企業の現実についての仮説」としてあげられています。8つありますので、それらをご紹介します。自社に読み直して考えてみてください。

(1)成果と資源は企業の内部ではなく、外部にある
企業の成果を決めるのは、外部にいる顧客である。また企業の重要な資源は、科学技術から社会、経済、経営にいたる知識である。それらは、企業の外部にある。企業活動とは、外部にある資源、すなわち知識を、成果に置き換えることである。

(2)成果は、問題の解決ではなく、機会の開拓によって得られる

(3)成果をあげるには、資源を問題にではなく、機会に投じなければならない
機会の開拓とは、なすべき仕事を見つけ、それに資源と活動を集中することである。企業にとっては、問題の解決をしないわけにはいかないが、それへの資源の配分は最小限にしなければならない。

(4)成果は、有能さではなく、市場におけるリーダーシップによってもたらされる
リーダーシップを発揮できる市場の一分野、顧客の一部分、技術の一応用を見つけ、そこに資源を集中させる。商品だけではなく、サービス、流通、立地、商品の組み合わせなどがその対象である。

(5)いかなるリーダーシップも、うつろいやすく短命である
企業はリーダー的な地位から、その他大勢に簡単に落ち込む。それに備えて、新しいエネルギーと方向性を手にしなければならない。

(6)既存のものは古くなる
あらゆる意思決定と行動がそれを行った瞬間から古くなり始める。経営者は、過去を正しい状態と思いがちであるが、それは過去の現実にすぎない。だから過去の状態にしゃにむに戻そうとしてはならない。企業とその行動、商品、サービス、流通を新しい現実に合わせて変化させなければならない。

(7)既存のものは、資源を誤って配分されている
顧客のごく一部が売上と利益の大半をしめることがよくある。同様に一部の営業部員が売上と利益の大半を稼ぐことも多い。資源とコストのほとんどは、これら稼ぎの多い部分ではなく、そうではない部分に注がれる。営業マンのほとんどの時間が、稼ぎの少ない商品や地域に充てられる。会議の時間の大部分が既存の問題の記述に充てられる。

(8)業績の鍵は集中である
業績をあげるには、大きな利益を生む少数の製品やサービス、顧客に集中しなければならない。

以上ですが、澤根なりにごく簡単に読み替えるとたとえば次のようになります。

(1)外のことに関心を持ち、学べ
(2)(3)利益が得られそうなところを探して目を向けろ、そこにお金と人を注げ
(4)自社が力を発揮できる小さなマーケットを見つけてそこに力を注げ
(5)今うまく行っていても長くない、次を考えろ
(6)自社のルールにあてはめて何かを考えるときそれでいいのか、再考しろ
(7)今忙しくてたまらないところは、稼げているか考え直せ
(8)何を捨てなければいけないか考えろ。

1 2 3 4 »

アクセス

〒700-0814
岡山市北区天神町10-8
岡山東税務署徒歩2分
TEL 086-226-1418
FAX 086-226-1458
sawane@sawane.com

澤根哲郎著作一覧

税理士活動エリア

岡山市北区
岡山市南区
岡山市東区
岡山市中区
岡山県倉敷市
岡山県玉野市
岡山県総社市

その他岡山県下から全国各地まで
ご相談に応じて対応いたします。

月刊サワネ倉庫

お問い合わせ

岡山税理士
PAGETOP
Copyright © 澤根哲郎税理士事務所 All Rights Reserved.