John Davey著

キリスト教社会の浸透

昔昔、白人がやってくる前のアフリカのある村でのできごと
村では、決して平穏とばかりはいえないけれど、昔ながらの神様を信仰し
部族の習慣を守った生活をおくっている。
そこに白人がやってくる。まず、宣教師、それから・・・

村にどのようにキリスト教が入ってきたか、村人たちの反応はどうだったのか
どのように白人の支配が始まるのかが非常に興味深く読めた。

もちろん、すべての村がこのように支配されたわけではないのだろうが
ひとつの典型を示していると思う。

キリスト教、あるいは西洋社会がどのように世界に広がったかをしる
貴重な手がかりを提供してくれる。