岡山市の税理士なら岡山東税務署から徒歩二分。迅速対応で簡単・低価格の澤根哲郎税理士事務所へご相談下さい。
-
  • HOME »
  • - »
  • コラム

コラム

教養

ある大学の学長が、入学式で新入生にこんなお話をされました。
「オールラウンドな人間になってください。
そのためには、一般教養と専門知識です」

当たり前のことかもしれませんが、私はこのお話を聞いて感動しました。
教養とはなるほど大切なものなのだなと感じたのです。

そして仕事にもそのまま使えます。
教養とは、偶然のチャンスをいかすための感受性です。

またこういうこともおっしゃいました。

「心地よい状態ってあります。これをコンフォートゾーンといいます。
そこから出てください。気持ちよいからといって
そこにとどまっていてはいけません。新しいことに挑戦してください。
新しいことをすれば失敗します。それでも、コンフォートゾーンに
とどまっていてはいけません。」

(さらに…)

今日の売上・あら利益

今日の売上はいくらなのか
今日のあら利益はいくらだったのか

把握していますか?
記録していますか?
ひとめで分かるようになっていますか?

それだけで、経営が変わってきます。

業種によって、今日の売上やあら利益がわからなかったり
わかりにくかったりすることもあるでしょう。

そういうときは、売上も、あら利益も概算でえいっとだすか
それに代わるものを見つけましょう。
(さらに…)

TOPPOINT

経営者は、ビジネス書を読まなければならないのですが
なかなか読めません。

そんなときに役立つのがこのTOPPOINTです。

TOPPOINTは、あるお客様に教えていただいた雑誌の名前です。

ビジネス誌の要約集で毎月10冊分の内容に目を通すことができます。
本一冊分が4ページにまとめられており、雑誌一冊が40ページほどです。
購読料は1年間12冊で12,600円です。

検索→トップポイント

コツコツだけではダメ

コツコツだけではダメというのは、あるお客様のことばです。

景気がよくなっているときには、まじめに、コツコツ、
一生懸命やっていれば、会社も成長した。

しかし、今はだめだ。
コツコツやっているだけでは、会社はやっていけない。
そういうお話でした。

世の中が好調なときには、「今の商品を今のお客様に売る」
だけで売上は、伸びていきました。

しかし、今や、ここだけでは、売上は伸びません。
「新規商品を今のお客様に売る」
あるいは「今の商品を新規のお客様に売る」
かしないと売上は増えません。

というか減る一方です。

新規の顧客を獲得するかしないか、新商品を作るかどうかは
すでに問題ではありません。

どのように新規顧客を獲得するか、
どのように新商品を開発するのかという方法の問題です。
(さらに…)

売れた理由を考える

売れない理由をたくさん考える暇があったら
売れた理由をひとつでも見つけよう。

これは、よく言われることばで、すでにご存知だと思いますが
なぜなのでしょうか。

ひとつには、売れない理由は、いくらでも考えられるからです。
そして、いくらでも考えられるから、どんどんその話ばかりになっていき
暗い雰囲気になってしまい、おまけに、時間がたくさんかかり
売れない原因を言い並べただけで終わりになってしまいます。

大切なのは、売ることです。
どうすれば売れるのか。

その話をしなければいけないのです。
(さらに…)

売上を増やす

売上をもっと増やしたい。どうすれば売上が増えるでしょうか。

とてもむずかしい問題です。簡単に増えるわけがありません。

でも、基本は簡単です。

こういうとあたりまえすぎて、叱られると思いますが

売上=購買単価×購買数ですから、このふたつのどちらか

あるいは、両方を増やす以外に方法はありません。

もっとも、今まで商売をしてきて、そこそこ売上が増えてきたから

このままでいいという場合は、あるいは、売上げはもう増えなくてもいいし

減ってもかまわないという場合は、売上を増やす

という必要は無いかもしれません。

(さらに…)

成功の反対

成功の反対は、なんでしょうか。
テレビドラマのエンゼルバンクで、そんなお話があったそうです。
成功の反対は、失敗でしょうか。

ドラマではそうは言わなかったみたいです。

「成功の反対は、何もしないこと」だそうです。
2年前にぼくがある人にこのことばを言って
その人がドラマ「エンゼルバンク」で
この発言があったことを教えてくれたのです。
(さらに…)

考える

考えるということはなかなかできません。
ついつい日常の作業に追われるし、考えるなんて面倒ですしね。

でも、通常の仕事を離れて、少なくとも頭の中からはおいはらって
新商品や新しいマーケットのことを考えることは必要です。

どう考えたって、これから先、今までと同じことをしていたのでは
お客様は増えそうにありません。
お客様が増えないのでしたら、売上も増えません。
今までと違うことをするために、考える。

では、考えるためにはどうするか。
(さらに…)

意識改革

意識改革という言葉がよく聞かれるようになってきました。
実は、この意識改革、くせものです。

意識改革が必要だ、ということばを叫ぶ人は
このことばを叫んで満足してしまう傾向があるようです。

意識改革と叫んでいれば意識改革が出来てしまうみたいな感じです。

しかも、意識改革には、なんとなく正義の雰囲気がありますから
そんな「意識改革」とばかり叫んでも仕方がないじゃないかとは言いにくく
意識改革、意識改革とことばばかりの時間がすぎていくのです。

(さらに…)

学習の資料

今すぐ役に立つこと。
今すぐには役に立たないけれど、少し先には役に立つだろうということ。
今すぐにも、少し先にも役に立たないけれども
もっと先には役に立つだろうということ。

今すぐ役に立つことは、日常業務ですが、日常業務を少し改善すること
今までできてなかったことで、たいせつなことを見つけだしてすること。

少し先に役に立つだろうということは、見込み客を見つけて接触すること。
業務改善の準備をすることなどでしょう。

ずっと先というのは、経営やマーケティングの学習です。
自分の経験には限りがあります。
(さらに…)

« 1 2 3 4 9 »

アクセス

〒700-0814
岡山市北区天神町10-8
岡山東税務署徒歩2分
TEL 086-226-1418
FAX 086-226-1458
sawane@sawane.com

澤根哲郎著作一覧

税理士活動エリア

岡山市北区
岡山市南区
岡山市東区
岡山市中区
岡山県倉敷市
岡山県玉野市
岡山県総社市

その他岡山県下から全国各地まで
ご相談に応じて対応いたします。

岡山税務コラム

月刊サワネ倉庫

お問い合わせ

岡山税理士
PAGETOP
Copyright © 澤根哲郎税理士事務所 All Rights Reserved.