岡山市の税理士なら岡山東税務署から徒歩二分。迅速対応で簡単・低価格の澤根哲郎税理士事務所へご相談下さい。
-
  • HOME »
  • - »
  • コラム

コラム

景気、真実の裏表

景気はどうなっているのでしょうか?
1月6日の日本経済新聞2ページには、「倒産24年ぶり1万件割れ」とあります。借入金利の低下、中小向け融資増などにより企業の資金繰りに余裕が出てきたからだそうです。景気が良くなってきているのだという印象を受けます。情報源は東京商工リサーチ。そこで東京商工リサーチのサイトを覗いてみました。そこの記事を見てびっくりしました。

「2014年円安関連倒産は278件で前年の2倍増」

なんと倒産倍増です。え、景気は、悪くなっているのか?同じ東京商工リサーチの発表ですが、受けるイメージがまったく逆です。よく見ると「円安関連倒産」に限定しています。日経の記事も、サイトの記事もどちらも真実なのでしょう。しかし、事実のとらえ方が違うと、まったく違って見えてしまいます。

さて、円安関連倒産を見ていきましょう。
「年間の産業別では、運輸業が100件で最多だった。人手不足による人件費アップや燃料価格の高止まりが影響。製造業58件、卸売業49件、サービス業他27件、小売業17件と幅広い業種に及ぶ。」

「業績回復の遅れに加え、円安によるコストアップが収益悪化を招き、一層の業績下振れが危惧される」

「円相場の推移次第では、倒産の増勢が懸念される」

ということで、かなり危険な状況を予想しています。前頁で紹介した今井さんは、円安が行きすぎることはないと言っていますが、心配ですね。環境に関係なく、利益を出せる方法を考えなければいけません。

スノーピーク

スノーピークは、新潟県三条市のアウトドア用品メーカーです。付加価値の高いブランドを構築し、熱心なファンが多数いることで知られています。同社社長山井太氏の話が日経トップリーダー1月号に出ていました。少しご紹介します。

会社で経営者だけにできる仕事とは何だろうか?多様な考え方があるが、その一つは「未来をつくる」ことだ。経営者ならば、経営計画を策定したり、月次で経営データをチェックしたりするのは必須だ。

(さらに…)

米国試験終了後 観光

試験が終わった翌日、観光をちょっとしてみようと思った。

「ちょっと」しかできないのは 学士の資格を取るためのレポートを 書かなければいけないからだ。

締め切りが近い。 で、セントーサ島に行くつもりだった。

シンガポールの南にある島で いろいろ博物館とかあるらしいし 何より海の上をケーブルカーで渡っていく というのが魅力だ。

ケーブルカーと書いてあるけど きっとロープウェイだと思う。

それから、リバーボートに乗ろう。

そう思って、ホテルを出た。

(さらに…)

米国税理士試験合格

11月になってから、ほとんど毎日IRSの
ホームページを見てました。

11月には発表できるよう努力すると書いてあったからです。
結局1月4日くらいだったと思います。

久しぶりにIRS(アメリカの国税庁)のホームページを
見てみると発表がありました。

自分の受験番号とパスワードを入力すると結果が
見られるようになっていました。

自己採点で合格は確信していましたが
それでもやっぱり嬉しかったです。 (さらに…)

プチ・イノベーションのすすめ

「イノベーション」ということばをあちこちで聞いたり見たりします。

このことばを見ると、何かとても、画期的で、自分とは違う
縁のないことばだと思ったりするのではないでしょうか。

イノベーション、でも、なんとなく、かっこいいことばです。
そして自分もイノベーションしてみたいとなんとなく思うわけです。

このイノベーションはとても大切で必要なことです。

景気が上向いていた時代であれば、昨日と同じことを今日も明日も
し続ければ企業の業績はあがったのですが、世の中が下向きの時に
昨日と同じことをしていたら、業績はさがるからです。

では、イノベーション、何か新しいことを始めよう
とみなさん、思われるわけです。

でも、なかなか画期的なことが思い浮かばない。
だから、新しいことを始められない。

たぶん、なんとなく、新しいこと=画期的なこと
という等式が頭の中で出来上がっているのでしょう。

このイノベーションということば、もともとは
何かしら新しいことという意味です。

それ以上ではありません。
(さらに…)

TTP戦略とBTP戦略

あるコンサルタントとある有名な焼肉屋さんで
食事をしたときのことです。

社員の方二名と一緒でしたが、とても楽しむことができました。
社長とのお話も楽しかったのですが
社員さんの行動も面白かったのです。

社長と私が話している間、社員の二人は、この食材は何とか
産地はどことか、店員さんに聞きまくっているのです。

私はわりとこういったことを聞くほうですが
人が聞くのにはあまり出会いません。

とてもびっくりしましたし、納得もしたのです。

このコンサルタントの会社は、飲食専門で
自社でも飲食店を直営しているのです。

なるほど、こうやって聞きまくって
よいところを吸収しているのです。

(さらに…)

具体的にーペルソナ

やってみるべき手法のひとつにペルソナ手法というものがあります。

ペルソナ手法は、1人の架空のお客に絞って

その人に売り込む方法を編み出す手法です。

顧客ターゲットを絞り込めば

何をウリにして押し出せばいいのかがはっきりするから

集客の効率が上がるといいます。

うちには、いろいろ問題があってという話があると

では、その問題は何々ですかと聞きたくなります。

さらに「それは、なぜ問題なのですか」

ということも聞きたくなります。

聞くことによって、何が問題なのかがはっきりするからです。

「いろいろな問題」というだけでは

それがどんな問題なのかがわかりません。

お客をひとりに絞り込んでどんな人なのかを

はっきりさせることで、そこを具体化するわけです。

チラシやホームページを作るとき

あるいは新商品開発を作るときに使う手法です。

まず、理想的なお客様がどんなお客様かを考える。

実際のお客様のうち、一番理想的なお客様をモデルにして

それに手を加えて新たなお客様像を作ります。

それをペルソナといいます。

そのお客様は、どこに住んでいるのか。

勤め先はどこか、家族構成はどうなっているか。趣味は何か。

などなど具体的に決めていくのです。
(さらに…)

お客様は?

お客様は、誰なのか

お客様はいったいどんな人なのか、

もう一度考え直すことが事業の活性化につながるといいます。

お客様は誰って?そんなことは、決まっている

と思われるかもしれませんが、やってみても

お金はまったくかかりませんし、時間も大してかかりません。

ほとんどの事業では、お客様には、複数のタイプがあります。

たとえば、卸売業だと、お客様は、小売業者、小売業者から買う消費者

同業者などがあるかもしれません。

小売業者から買う消費者は、うちから買うのではないから

お客様ではないとおっしゃるかもしれませんが

消費者が小売から買わなければ、小売はうちから買わないのですから

やはりお客様として考えたほうがいいのです。

こうしてお客様は誰なのかを考えて、

それから、それぞれのお客様はどこにいるのかを考えます。
(さらに…)

夏になると体が冷えます

体を冷やしてはいけない。冷えは万病の元といいます。
体温も36度をわるような平熱だとよくないそうです。
「心もからだも「冷え」が万病のもと」 (川嶋 朗 著) には
体を温める方法、しかも簡単にできることがいっぱい書いてありました。

これから冷房の季節です。お互い気をつけましょう。

腹巻ありますか?

体を温める方法
(炎症部分、化膿しているところはあたためてはだめ)
・38-40度の風呂に長時間つかる
・70度の湯たんぽ:毛布などで巻き、腿の上にのせる
・首に温タオル
・使い捨てカイロ:お尻の上の仙骨のあたり
・家の中でも靴下をはく
・腹巻をする
・歩く 1日30分で体調がよくなる
・呼吸を意識してゆっくりする
・指もみ、指組みをする
・体を温める食べ物をとる:赤、黒、橙色のたべもの、そば、根菜、海草
・薬をやめる
・消炎鎮痛剤をやめる
・生姜湯を飲む

チャレンジ25

「チャレンジ25」という言葉をご存知でしょうか。
2009年9月、鳩山内閣総理大臣がニューヨークの
国連気候変動サミットにおいて、我が国の目標として
温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で
25%削減することを表明しました。

政府では、そのための対策を「チャレンジ25」と名付け
その国民的運動を、「チャレンジ25キャンペーン」として
2010年1月14日より、新たに展開することとしました。
(さらに…)

« 1 2 3 9 »

アクセス

〒700-0814
岡山市北区天神町10-8
岡山東税務署徒歩2分
TEL 086-226-1418
FAX 086-226-1458
sawane@sawane.com

澤根哲郎著作一覧

税理士活動エリア

岡山市北区
岡山市南区
岡山市東区
岡山市中区
岡山県倉敷市
岡山県玉野市
岡山県総社市

その他岡山県下から全国各地まで
ご相談に応じて対応いたします。

岡山税務コラム

月刊サワネ倉庫

お問い合わせ

岡山税理士
PAGETOP
Copyright © 澤根哲郎税理士事務所 All Rights Reserved.