あるコンサルタントとある有名な焼肉屋さんで
食事をしたときのことです。

社員の方二名と一緒でしたが、とても楽しむことができました。
社長とのお話も楽しかったのですが
社員さんの行動も面白かったのです。

社長と私が話している間、社員の二人は、この食材は何とか
産地はどことか、店員さんに聞きまくっているのです。

私はわりとこういったことを聞くほうですが
人が聞くのにはあまり出会いません。

とてもびっくりしましたし、納得もしたのです。

このコンサルタントの会社は、飲食専門で
自社でも飲食店を直営しているのです。

なるほど、こうやって聞きまくって
よいところを吸収しているのです。

コンサルタントさん、Nさんというのですが、彼がいいました。

TTP戦略というものがある。
これは、けっこういけるということでした。

TTPって何でしょう。
はやっているお店から、徹底的にパクルんだそうです。

工業製品でも、はやっているものがあったら買ってきて
徹底的に分析して自社製品に生かすということは

ごく当たり前に行われていることだと思います。

製品以外、サービスで行われても当然ですね。

当然なのですが、実際には、中小企業では
あまり行われていない気がします。

もっと、すればいいのにと思います。

TTPが徹底的にパクルだったら、BTPもあるなと思いました。

部分的にパクルです。

TTPは、同業者からパクルのですが
BTP は、同業者ではないところからパクルのです。

病院がホテルからパクルとか、ラーメン屋が割烹からパクルとかです。

このBTP戦略、イノベーション入門としては
結構楽しめるのではないかと思います。

電話をかけた先が「はい、㈱○○の××(名前)です」
といっていたら、自社でも、社員名を名乗るようにするとか。