水上浩一著 アスキー・メディアワークス 1,575円223頁

商売に使うためのホームページの本ですが、題名のとおり、ランチェスターを基本にしています。小さな企業が勝つためには、差別化、一点集中が大切で、そうするための手法が書かれています。

 

★ホームページがない企業は存在していないのと同じ

いま、消費者は知りたい情報や商品を調べたり探したりするときに、まずはインターネットで情報検索するのが当たり前になっている。それは、企業間における取引であっても同じ。企業が抱える課題の解決に、インターネットを使った情報収集は欠かせないものとなっている。以上のことは、すべての業種にあてはまる。

★ホームページの失敗例

1. カタログから転載しただけの会社案内のみのホームページ

2.ホームページをつくった目的が明確でなく、ウリがない

3.そのホームページを誰に見てほしいのか、ターゲットがあいまい

★小さな会社が勝つためには、どこか、なにかで1位になること。そのための戦略が以下

1.競合との差別化を考えた商品やサービスで勝負する

2.自社の経営規模でも1位になれるものを目標として選ぶ

3.2を見つけるのに自社の商品やサービスを細分化する

4.ターゲットとなる客層を絞り込む

5.顧客との距離感を縮める

6.競争相手が少ない分野を選び、一騎打ち戦を挑む

7.営業力を集中等価する。1人のときは長時間労働もやむをえない

8.軽装備で、できるだけお金をかけずにやる見栄をはらない

9. 1位ができるまであきらめない忍耐力を持つ

10.少し儲かったからといって安心せず、堅実経営を心がける

 

★ウリ、強みの見つけ方←差別化

まず価格で大企業に勝とうとしてはいけない。

強みの見つけ方は、自社の商品やサービスが、他と比べてどこがどうよいのか、細かく考える。

1.仕入れ

2.商品のこだわり

3.生産のこだわり

4.商品点数の豊富さ

5.弱みを考えて、それを強みに置き換える

-少人数なので、少ししか生産できない→1日限定○○個

6.脅威を考えて強みに換える

-子供人口減少→6ポケット(両親、父方母方の祖父母)

★競合の見せ方、売り方、文章をチェック

次のような企業のホームページをチェックします

1.同様の商品、サービスを扱っている

2.取り扱いジャンルが自社に近い

3.販売方法や手法が似ている

4.顧客対象が自社に近い

5.異業種でも、手法が使えるところを探す

 

以上、エッセンスだけをまとめてみました。著者がいうには、製作に3ヶ月、効果を出すのに1年が目標だといいます。自社のホームページを見直してみましょう。