金子哲雄著 扶桑社 1260円207頁

この本は、生活での節約について書いていますが、基本は経営にも通じると思います。著者自身が書いていますが、生活とは経営だと。実際「高学歴・低収入の時代、収入が少なくても生活できる手腕が必要」などは、現在の企業のおかれている状況と同じです。高額な設備があるが、社員はいっぱいいるが、収入が減っている。それでも生きていかなければならないという状況と同じです。

さて、おもしろいところを要約して紹介いたします。

著者はこどものころから、節約の雰囲気の中で育った。友達がキャンプに行っているから自分も行きたいというと、週末は家の中にテントを張って家族でその中で眠った。求婚のせりふは、「僕の年収は、200万円です。でも、僕と結婚してくれたら、600万円台の満足度を保証します。」だった。恋愛相手は、ランニングコストの安い子を選んだ。

・集客商品と収益商品:店は集客商品で客を集めて、収益商品で利益を獲得しようとするから、客である我々は、集客商品だけを買うようにする。業種業態によって、集客商品と収益商品が違う。以下底値一覧

米:ホームセンター

カップ麺:ドラッグストア

オリーブオイル:ディスカウントストア

ラー油:100円ショップ

 ほとんどのスーパーでは調味料は収益商品

シャンプー:家電量販店

トイレットペーパー:ホームセンター

・PB利用で食費カット: ほとんどのPBは、有名ブランドと同じ工場で、同じ材料で作られている

・アウトレット買い物法

1.買う物をあらかじめ決めておく

 そうしないと、つい余計に買ってしまう

そして、滞在時間は、3時間以内

2.お買い得品を店員に聞く

3.バーゲンを狙う

4.友人を誘ってまとめ買いする

・値切れるものが不況を制する:家電を購入するのなら迷わず日曜日、午後7時以降

1.主任さんいますか?:価格決定権のある人を呼んで交渉する

2.売れ残りないですか?

3.私はあなたの味方です

 いきなり「まけてくれる?」と聞いては、主任さんも身構えてしまい、後の交渉がうまくいかない。まずは、「安いですねえ」とほめ、「自分は買い叩く客ではありませんよ。あなたのノルマ達成をお手伝いするためにやってきた。あなたの味方なのだ」とアピールする。「ああ、いい人だな」と思ってもらう

4.現金値引きがないならポイント還元のアップの交渉をする

5.販促品、おまけにつけてくれない?

 希望価格で交渉が成立したからといって、満足していてはまだまだ甘い。

・スーツ、靴は5で決める:紳士服量販店では、「余っているスーツを5着買うから、安くしてくれませんか」という。

著者は、昔からロレックスを愛用している。スーツはアオキか青山、靴はABC、とかであっても、ロレックスひとつで全体が生きる。

いかがでしたか。経営は経費の節約だけでなくて売上アップも大切ですが、しかし、経費節約は確実です。ヒントは得られましたか?