大地の咆哮 元上海総領事が見た中国杉本 信行著

チャイナスクールについてはいいイメージを持っていなかったが 本書を一読して変わった。

著者のような立場で、よくこのような本がかけたと思う。

はっきりとは書いてないが、本書から読み取れることは中国という国は、とんでもない国である。

できたら、隣人になどなりたくはない。

しかし、引っ越すわけにもいかないので、なんとかうまくやっていくしかない。

つまり、本書は、中国はこんな国なんだそしてこの国と付き合っていく方法はこうだ 。

そういう内容になっている 。

付録がすごい「日中を隔てる五つの誤解と対処法」だ 。