井沢 元彦著 (小学館文庫)

なぜ和気清麻呂が宇佐神社にわざわざいったのか? かねてから不思議に思っていたことの解答が提示されている。 もちろんそれが正しいかどうかはわからないが、寡聞にして 本書以外にそのなぞに挑戦したものを知らない。 出雲大社の内部構造についてはまったく知らなかった。 他の資料によって確かめたいものだ。

他にも卑弥呼、アマテラス、スサノオなど 神話の神々についての記述は非常におもしろい。

著者の論理展開が非論理的であるとの指摘は聞くが それはさておき興味深い本である。