マイケル・E. ガーバー著

「企業家」「マネジャー」「職人」 人はだれでもこの三つの人格を持っていると著者は説く 。

そして、この三つの人格のバランスが とれているときに事業は成功する。

同様のことを会社が二人のときでも 組織図がいるのだということで説明している。

この考え、つまり一人の人間でも、多数の役割を 区分してバランスをとって実行しないといけない。

それは、二人以上でも同じだという考えがこの本を貫いている。

そして、珠玉のことばでいっぱいだ 。

・どんな計画でもないよりはましなんだ

・専門家依存型ではなくシステム依存型の事業である

・他の人にまかせてもうまくいくような事業をつくろう

企業家、起業家におすすめの一冊だ 。