佐藤 優著

著者は、2002年に鈴木宗男事件に連座して投獄された
ノンキャリアの外交官です 。

この人がすごい

何がすごいって、

獄中で迷うことがある
そうすると、

「自分の真の目的はなんだったのか」

と自問するんです。
そして、自分の真の目的をはっきりとつかんでから
迷っていることへの判断をする。
目的のひとつは、原理原則を大事にする。
筋を通すということです

そのために保釈されなくてもかまわないというのです。

それからもうひとつは、国策逮捕に関する彼の考え方
なぜ鈴木宗男が逮捕されなければならなかったのか

そういったことが興味深く書かれていて非常におもしろい
そして、こういった著作によくある恨みつらみなどいっさいない。

深くじっくりと味わえる本
知的な興奮を味わえる本である。