トニー・ブザン他著 ダイヤモンド社 2520円 311頁

マインドマップというのは、アイデアを出したり
考えをまとめたりするための技法です。

日本にも広がっていて、会社や学校などに普及しています。
著者のトニー・ブザンは、マインドマップの創始者です。

本書の第7章では、著者が工夫した
目標達成のためのシステムが述べられています。
これがなかなかおもしろく、従来の
プラン、ドゥー、チェック、アクション、
つまりPDCAでは飽き足りない人、
うまく行かなかった人にとっては、
あるいは、なんとか目標を達成したいと考える人たちには
非常に役に立つようです。

TEFCAS(テフカス)といいます。
この部分を要約して紹介します。
最初に簡単に説明すると、

まず成功のイメージをしっかりさせる。

次にそれを達成する方法をひたすら考えつくす。

次は、考えたことをやってみる。

したことを評価して、行動を調整する。

そして成功へというパターンです。

 

T: Trial(試行)
E: Events(実行、出来事)
F: Feedback(フィードバック)
C: Check(チェック)
A: Adjust(調整)
S: Success(成功)
です。

始めるのは、最後のSuccess、成功からです。

S:成功(Success)

成功というのは、目標のことだ。最初に、
どうなりたいのかをはっきりさせなければ
方法は決まらない。

当たり前のことだが、ここを決めるのはなかなかむずかしい。
目標を決めさえすれば、それを達成するための情報は
どんどん入ってくる。
T:試行(Trial)

この段階では、目標を達成するためのアイデアを練る。
いろいろな方法を考えなければいけない。
だから、Trial (試行)というよりは、Try-alls(全部試す)
と考えた方がよいかもしれない。

いつも考える。
入浴中、運転中、食事中。情報を探す。
入ってくる情報を利用する。目標を決めると、
入ってくる情報は多くなる。人のマネをする。
特に成功した人のマネをする。

いろいろやっていると眠っている間も
考えることができるようになる。
E:出来事(Events)
行動するのはここからだ。出来事という名前を使うのは、
特定の事象に重きを置きすぎるのを避けるためだ。

出来事は成功に向かう一つのステップにすぎず、
唯一のステップではないのだ。

目標達成のための行動は失敗することが多く、
それが唯一のステップだと思っていたら失望してしまい、
目標達成も遠のく。失敗しても、
それは多くのステップの一つにすぎないのだ。
そのため、出来事と呼ぶ。
F:フィードバック(Feedback)

出来事を評価する。
評価は、具体的、目標に関連していることが重要だ。
これは、TEFCASの中で最も難しい。
うまくいっていないときに、誤ったフィードバック、
つまりうまくいっていないにもかかわらず、
うまくいっているかのような情報がもたらされることがある。

これを避けるためには、
すべてのフィードバックは良いものだと考えること、
その情報をもたらしてくれた人を評価すること、
そして、あなたが正しいフィードバックを求めていることを
はっきりさせておくのだ。フ

ィードバックが気に入らなくても、
自己防衛的な反応をしてはいけない。

フィードバックは、目標に関連していることが重要だと書いた。
したがって、フィードバックをする人間、社員はその目標を
十分に知っておかなければならない。

経営者は、目標を明確にしなければならない。

 

A:調整(Adjust)

成功や目標達成に向かう最終ステップである。
行動を調整するかどうか、
調整する場合にはどう調整するのか決める。
Try-allsに戻って、いろいろな方法を
検討する必要があるかもしれない。

もしかすると、目標、つまり成功のイメージを
変える必要があるかもしれない。
以上でTEFCASの説明が終わりました。

この方法の特に優れているところは、
最初に成功のイメージをはっきりさせること、
行動のひとつを出来事としてとらえ、失敗を当たり前、
それを調整して次の行動をとることだということを
はっきりさせたことでしょう。

マインドマップは、特にTの段階、
つまりアイデアをたくさん出すときに
非常に役に立ちます。

フリーソフトもたくさんあります。
いちど試していただきたいと思います。