夏目 漱石著

あれ、こんな話だっけ

読みだして、あれ、こんな話だったかな、と思った。
読みすすんでも、どうしても違和感が残る。

小学校のころに読んだ印象、あるいはそこかしこでの
「坊っちゃん」のイメージとどうしても重ならない。

痛快な青春小説という感覚でとらえていたのだ。

そうではない。
どことなく悲しい、寂しい話だと思った。
軽快なテンポの文章にのせて、
ひとりぼっちの坊っちゃんが突っ走るのだ。
また読み返そうと思う。
違うことに気がつきそうだ