(アスカビジネス)
読書をアウトプット
読書術というと読書をする技法であると思ってしまう。
つまりインプットの仕方であると思ってしまうけれど
本書は、視点が違う。
もちろんインプットの方法も分かりやすく書いてある。
よい本との出合い方や、本を読む時間を作るには
どうしたらよいか、読むのに飽きたときはどうすればよいのか
など技術的なことも丁寧に書いてある。
しかし著者は、人生を有意義に過ごすための
ひとつの手段として読書をとらえているようで
アウトプットの解説も詳しい。
どうすればアウトプットができるか。
もちろん、アウトプットはインプットよりむずかしい。
そこで、簡単なアウトプットの方法を紹介している。
インプットからアウトプットへとつなげる読書術、お勧めだ。