(ちくま学芸文庫)
紀田 順一郎著

たかだか数十年前の日本には
今の日本人とは違う人々が住んでいたのではないか
本書の舞台は、日本ではないのではないか
とまで思わせる内容だ。

日本人とは、こういう国民だという思いが
それぞれ日本人にはあるだろうけど
そのひとつひとつがひっくりかえるに違いない。

自分の日本人感をひっくり返すためにも読むべきだろうと思う。
もちろん、ぼくもひっくり返っておたおたしている。

本書に出てくる日本人の子孫が
目の前にいる日本人だとは、なかなか思いがたい。
そして、自分の先祖は、いったいどこで
どんな暮らしをしていたんだろうかとおもう。