著者 ローター・J・ザイヴァート 1600円+税 218頁


著者はドイツで時間管理のコンサルタントをしている人です。

ドイツ、時間管理となると、分刻みで目いっぱい時間を使うというイメージですが、
実はぜんぜん違う。時間を目いっぱい使い続けるようなことをすると、
燃え尽きてしまうからやめなさい、

無駄な時間を大いに増やそうということを言っています。

人生にとって重要な主体性や積極性、創造性は
無駄な時間から生まれるのだという主張です。

さて、おもしろい内容の中から、
「自分の時間の主人にする7つのステップ」を紹介します。

1. 人生の目的をはっきりさせる

2. 人生の役割をはっきりさせる

3. 一番重要な仕事は何かを決める

4. 年間目標を紙に書く

5. 優先順位に従い1週間の予定を立てる

6. 日々の仕事を能率的に片づける

7. やる気のなさをやる気に変える

1,2についてはどうやってはっきりさせるかの具体的な方法が書かれています。

ですが、ここでは長くなりますので紹介はさけます。

3~5だけでも、けっこう使えそうですね。

7について説明します。

「やる気のなさをやる気に変える」

・ 「やらなくてもいいや」と独り言をいい、しばらく休んでしまう

・ 終わった瞬間の快感を思い浮かべる

・ マイクロステップ:大きな仕事を小さなステップに区切る