著者 R・コンクリン 1300円+税 202頁


この本はどのような態度をとれば成功するのかについて
いろいろな例をあげて書いています。

以下にいくつか書き出してみます。

* 成功地図とは自分の仕事についてポジティブな疑問を
できるだけたくさん書き出したもの

たとえば・・

・ 仕事の知識を増やすためにはどんな本を読んだらいいだろうか?

・ どうやったら仕事の効率を上げられるだろうか?

・ 生産性を今の倍にするには、まず何をしたらいいのだろうか?

・ もっといい仕事をするために、最も重要な十項目は何だろう?

人によって疑問が違うはず。疑問が出てきたら、徹底的に考えて答えを出す。

(コメント)…考えてみたら、日々の仕事に追われていたら、
その仕事に疑問をもつということは難しいかもしれません。

しかし、疑問をもつことは確かに重要なことだと思います。

とすると、たとえば、一日のうちの、あるいは一週間のうちのある時間を、
疑問を作るためにあててもよいのかもしれません。…

* 頭を刺激しいい仕事をさせるための4つの方法:
脳は刺激され、深く思考した時に創造的ないい仕事ができる

・ 疑問:あらゆることについて疑問を持つ…。問いかけることによって頭は刺激されます。

・ らしく振舞えばそうなる…「幸せそうに振舞えば幸せになる」ということです。

・ 元気がでるようなことを考える…朝昼晩の一日三回、15分間楽しいことを考える

・ リラックスする…簡単な瞑想をする。

(コメント)…らしく振舞えばそうなる、というのは、とても重要だと思います。

「根性がある」とか、「やる気がある」とかは、根性を見たり、
やる気を見たりして感じるわけではありません。

行動を見て感じるのです。

だから、「らしく振舞」えば、他人からはそう見えるし、
そのうち本物になっていくのだと思います。