岡山市の税理士なら岡山東税務署から徒歩二分。迅速対応で簡単・低価格の澤根哲郎税理士事務所へご相談下さい。
-
  • HOME »
  • - »
  • コラム

コラム

決める、する、チェックする

仕事を進めていく上で大切なことを決める。それを実行する。
そして、うまくいったかどうか、決めたことが正解だったかどうかチェックする。
決めた内容が良くなかったのなら、ほかに大切なことをさがす。

決めた内容はよかったのだが、実行方法が悪かったのなら、実行方法を変える。
このように、大切なことを決める、実行する、チェックする
これが会社をよくしていくうえでの基本だと思います。
(さらに…)

実証経営

業務用ミラーを製造するコミーは、売上高7億円
従業員14人の小さな会社ですが
その製品は最新鋭の超大型旅客機A 380にも採用されています。
忘れ物防止用の手荷物棚ミラーです。
業務用ミラーの分野でコミーの国内シェアは8割。
ATM(現金自動預け払い機)の覗き見防止用の
後方確認ミラーもコミーの製品です。
(さらに…)

不況

不況が続く中で、いろいろなことが言われています。
今、営業はムダだ。どこもかしこも、営業に行っているから
競争になるだけで、値段をたたかれる。

だから、今は、競争の時期じゃない。
じっと我慢して、景気回復したときに備えるのだ。
こういうことを言う人がいます。

じゃ、どう備えるの、というと、勉強するのだそうです。
(さらに…)

毎日15分の従業員教育

多くの会社でも困っているのが、あるいはできていない
のが従業員教育だと思います。

商品知識、業務知識、あるいは接客技術などで
はがゆい思いをすることも多いのではないでしょうか。

そして、なんとかしたいと思って、社員をいろいろなセミナーに
派遣したりするのですが、なかなか効果が表れない。
(さらに…)

大量行動

前のテーマでは大量行動というのがでてきました。
大量行動なんてそう簡単にはできません。
まず、何をするかを決めなければいけません。

そこで、行動をはじめるためのヒントになればいいと思い
月刊サワネにおまけを二つつけました。

行動したからといって必ずうまくいくとは限りませんが
動いてみないと始まりません。

やることを決める。決めたら書く。書いたらやるぞと決意する。
おまけはアンケートのフォーマットと飲食業のための
売り上げ増加チェックリストです。

(さらに…)

無限保証

わが社はサービスを売っていくんだ。
われわれは総合サービス業であることを自覚して
これから発展していくんだ。

ある社長は、経営方針発表会でこのような発言をされました。
この会社は、建材の卸屋さんです。

物をただ単に売っていくだけではなくて
それにサービスをのせているのです。

そして、この会社が伸びてきたのは
そのサービスによるところが大きいのです。
(さらに…)

クレームは神の声

顧客からのクレームは、商品力アップ、技術力アップ、営業力アップ
につなげることができるということはよく言われることです。
「月刊ベンチャーリンク」の記事からクレームの生かし方を紹介いたします。

1.周知徹底
顧客のクレームと対応を書いたカードを店内に張り出した(ジャスコ)

2.苦情発掘
客が乗っているタクシーを停めて、運転手の接客態度
などについて客の声を聞く(MKタクシー)

3.現場重視
管理職が休日に自腹で観光名所めぐりのバスにのって
ガイドの接客ぶりや食事の内容を検証する。(はとバス)

いろいろな方法があると思いますが、まずクレームにはしっかり対処して
次にそれを社内で共有するのが基本でしょう。

ファミリー企業の時代

うちは、同族企業だからと自社を卑下するような方も
たまにいらっしゃいますが、同族会社が日本を支えているのです。

そして、同族経営は、実は強い。
(さらに…)

企画

ある雑誌の編集者から、企画部とか企画課とかがある会社を
紹介してくれという電話がありました。
企画の特集をするのだそうです。

「企画っていいじゃないですか。企画をすることで伸びている会社多いし」
そうおっしゃっていました。

企画ってなんでしょうか。
いろいろな言い方があるでしょうけど
思い切って言ってしまえば、惰性でやるのではなく
今の流れとは違った行動をする
何か新しいことを計画し実行するということではないでしょうか。

新商品の企画
新しい営業の企画
セミナーの企画
新製品展示の企画

などなどです。

企業は新しいことを何かしらやっていないと元気がなくなってしまいます。
新しいこと、つまり企画です。

売れない月に企画をたてる、キャンペーンをする。

何か考えてみましょう。

黒川温泉

―洞窟風呂、雑木林、盗み聞きー
熊本の黒川温泉は、山の中の不便な場所にある温泉ですが
年間100万人の観光客が訪れます。

しかし、この温泉は、かつては寂れた温泉街だったのです。

変化のきっかけは、後藤哲也さんという一人の男が
10年かかって掘った洞窟風呂でした。

掘り始めた昭和29年当時、客が来ない。
家計は苦しく、米や野菜を作りながら宿の仕事をし
主食は米とかぼちゃをまぜたものでした。

このままではやっていけなくなる。
その危機感から、旅館に名物を作り客を呼ぼうとしたのでした。
(さらに…)

« 1 3 4 5 9 »

アクセス

〒700-0814
岡山市北区天神町10-8
岡山東税務署徒歩2分
TEL 086-226-1418
FAX 086-226-1458
sawane@sawane.com

澤根哲郎著作一覧

税理士活動エリア

岡山市北区
岡山市南区
岡山市東区
岡山市中区
岡山県倉敷市
岡山県玉野市
岡山県総社市

その他岡山県下から全国各地まで
ご相談に応じて対応いたします。

岡山税務コラム

月刊サワネ倉庫

お問い合わせ

岡山税理士
PAGETOP
Copyright © 澤根哲郎税理士事務所 All Rights Reserved.