考えるということはなかなかできません。
ついつい日常の作業に追われるし、考えるなんて面倒ですしね。

でも、通常の仕事を離れて、少なくとも頭の中からはおいはらって
新商品や新しいマーケットのことを考えることは必要です。

どう考えたって、これから先、今までと同じことをしていたのでは
お客様は増えそうにありません。
お客様が増えないのでしたら、売上も増えません。
今までと違うことをするために、考える。

では、考えるためにはどうするか。

アンソニーロビンズという人は、朝一番の時間を使えといっています。
朝起きたときは最高の時間なので、新聞を読んだり
テレビを見たりしないで考えるのだということを言っています。

朝一番にどうしても新聞や、本を読んでしまう人は
カフェあるいは喫茶店を使ってはいかがでしょうか。

仕事中に時間を作る。あるいは、休日に時間を作ってカフェに入る。
ただし、雑誌は見ない。携帯で遊ばない。

手帳か紙をだして、そこに考えをまとめる。
何を考えるか?それは自分で決めればよいのですが、
たとえば、新規の顧客を増やす方法、あるいは新商品を作る方法などです。

考え続けるのはなかなかしんどいことです。
そういうときは、ビジネス書を読んでも良いと思います。

あるいは、ネットでビジネス関係のサイトを見つけて
それを読むということでもよいと思います。

たとえば、前頁でご紹介した「販促アイデア大百科」でもよいでしょう。

ただし、ネットでそういうものをみるときは
つい遊んでしまいがちですから十分気をつけましょう。

そういった具合にいつもと違う時間と場所を作って
売上を増やす方法を考えましょう。
そして、次に実行です。