商品、サービス、会社をおぼえていただくためには、感情に訴えろとは、このことですね。

わたしたちは感覚を刺激したり感情に訴えるものを、単なる事実や無味乾燥なデータよりも、よく覚えていることが多い。P.152 『選択の科学』

We tend to have a better memory for things that excite our senses or appeal to our emotions than for straight facts and dry statistics.p.120