「長々とお待たせして本当に申しわけありませんでした」

先生は頭を下げてこういいました。

そして、問診票を見ながら

「あ、ぜんそくがあるんですね。それで当院には何をお求めでしょうか?」

「花粉症ですか。今はどんな薬を飲まれていますか?いいお薬ですね。でも、朝飲んでおられる薬は夜飲まれた方がいいですよ。眠たくなりますからね。」

「花粉症の治療としては、漢方薬、星状神経へのレーザー、注射などがあります」

ある開業医の先生の対応の様子です。

患者様と様つけで患者を呼ぶ病院はたくさんありますが、
この先生のように対応してくださる方はあまりいらっしゃらないと思います。

自分のことを振り返ってみましょう。
お客様に対する態度になっているでしょうか。