多忙倒産

この言葉を見てショックを受けた方多いのではないでしょうか。

日経ベンチャーの記事を紹介します。

********

「倒産に追い込まれる会社のほとんどが、多忙倒産のケースだ」

これは、中小企業経営者の駆け込み寺、八起会の野口誠一会長の言葉だ。

多忙倒産とは、会社が危機的状況にあるにもかかわらず、経営者が、時間がないために対策が打てず、会社をつぶしてしまうことだという。

多忙倒産にはまる経営者は「何を先にすべきか」の優先順位が間違っているという。そんな経営者の特徴として三つあげている。

1.頼まれたら「ノー」と言えない

2.何事も一直線に取り組むまじめ人間

 融通が利かずひとつのことに真剣になりすぎると周囲が見えなくなる

3.自分磨きのために、時間や金を使えない

 経営者の成長なくして、会社の成長はありえない。


そこで、多忙倒産を避ける社長の時間術

1.時間は有限と肝に銘じる

2.優先順位を常に意識する

3.自分磨きを怠らない

4.夢はカラーで思い描く

わたしは何歳?服は何色?誰といる?

5.物事を前向きにとらえる

         ***********

多忙倒産、恐ろしいことばです。
こんな事態におちいらないことにするための第一は、やっぱり優先順位だと思います。

今日の優先順位、一週間の優先順位。
優先順位を決める基準はいろいろありますが気をつけていきたいものです。