危ない取引先があったらどうすればよいのでしょうか。
とりあえず考えられる対処法を列挙してみました。

1 債権確保

1.1相殺の準備をする

相手から商品、サービスを買う

相手企業の商品、サービスから当社で利用できるものを探し購入する。
転売可能なもの等は余分に購入する

1.2売掛金債権を他社に譲渡する

当社の仕入先に仕入れ代金として、売掛金債権を譲渡する、
債務者の売上先に譲渡するなど。

なお、債権譲渡の手続きは債務者に対して
「債権譲渡通知書」を内容証明郵便で送付するだけで済む。

債権金額を値引きして売ることになるかもしれないが、貸倒はなくなる。

1.3売掛金決済の方法を変更する

代金決済を現金取引に切り替える

前払いに替えるなど

1.4担保、保証金を取る

個人保証を取る。役員、第三者など不動産や売掛金の調査

社長、専務、社長の身内等の個人保証をとる

1.5 回し手形

自振手形を回し手形(他社振り出し)にしてもらう

2 債権を減らす、無くする

2.1取引をやめる

値上げして相手から取引を断らせる

出荷の停止、制限

2.2 与信限度額を下方修正する

商品引き上げの準備をする。

「引き上げ同意書」など。勝手に引き上げると窃盗罪に問われる恐れあり

所有権を留保(値の張る商品の売却の場合はこの方法を採るべきです)

口約束は全て書面にする(借用書は簡単な物でもとりあえず取っておくべき)

3 債権確定

3.1債務承認書

取引先に対する債権を確認し、債務承認書を取る

3.2 手形・公正証書

支払期日を明確にし、約束手形を振り出させ支払期日を約束させるか、

公正証書で支払期日を明記させる