「イノベーション」ということばをあちこちで聞いたり見たりします。

このことばを見ると、何かとても、画期的で、自分とは違う
縁のないことばだと思ったりするのではないでしょうか。

イノベーション、でも、なんとなく、かっこいいことばです。
そして自分もイノベーションしてみたいとなんとなく思うわけです。

このイノベーションはとても大切で必要なことです。

景気が上向いていた時代であれば、昨日と同じことを今日も明日も
し続ければ企業の業績はあがったのですが、世の中が下向きの時に
昨日と同じことをしていたら、業績はさがるからです。

では、イノベーション、何か新しいことを始めよう
とみなさん、思われるわけです。

でも、なかなか画期的なことが思い浮かばない。
だから、新しいことを始められない。

たぶん、なんとなく、新しいこと=画期的なこと
という等式が頭の中で出来上がっているのでしょう。

このイノベーションということば、もともとは
何かしら新しいことという意味です。

それ以上ではありません。

イノベーションは、画期的なことでなくてもいいのです。

ちょっとしたことでOKなのです。
経営の神様と呼ばれるドラッカーも同じようなことを言っています。

昨日と違う何か新しいことをする。小さなことでもいい。

そうしているうちに、何か大きな新しいことも生まれてくるのです。

小さな新しいこと、何か始めてみませんか?

仕事に関係したことはもちろん、仕事に関係しないことでも。

新しいことに慣れましょう。たとえば、ご飯。

いつも行っている店で、いつもと違うものを頼む。

あるいは、新しい店に行く。

小さなイノベーション、見つけるのは簡単です。

やってみましょう。