自分の行動を、ほんの少し変える。それを続ければ、変えることができるという自信につながり、大きく自分や環境を変えることができる。

この研究が教えてくれるのは、たとえささいな選択であっても、頻繁に行うことで、「自分で環境をコントロールしている」という意識を、意外なほど高めることができるということだ。

さらに意義深いのは、自分や他人に選択の自由を与えることで、それに伴う恩恵を与えることもできるということだ。

行動をちょっと変える、

例えば自分の力を際立たせるような方法で話したり考えたりするだけで、自分の精神的、肉体的状態を大きく変えられるのだ。PP.37-38 『選択の科学』

The study suggests that minor but frequent choice making can have a disproportionately large and positive impact on our perception of overall control. More profoundly, this suggests that we can give choice to ourselves and to others, along with the benefits that accompany choice.A small change in our actions, such as speaking or thinking in a way that highlights our agency, can have a big effect on our mental and physical state.P.18