ダン・アリエリーの『予想通りに不合理」

オスカーワイルドのことばが取り上げられている
「あさってできることをあしたにまわさない」
(”I never put off till tomorrow what I can do the day after.”)

これって、あさってできることは、あさってまで待って、明後日する。
明日することは、決してない。

という意味でいいんだろうか。

なんか今一つ自信が持てない。

でも、本の続きには、
「ワイルドは人生における先延ばしの役割を受け入れ、むしろ歓迎していたようだが・・・」

とあるので、やはり、あさってできることは、あさってする。今日したり、明日したりすることはない

という意味なのだ。
だとすると、この意味は深い。

人は、実は、何もすることがないとつらい。
おまけに、深く考えるのが苦手だ。
さらに、遠く将来のことを考えるのはいやだ。

だから、今日、目先にすることがなくなってしまうと、明日のことや、明後日のことをしてしまう。

今日することがなくなってしまったら、ほんとうにしなければならないのは、明日できることや、明後日でもできることではなくて、

今日じゃないとできないことを考えてそれを実行することだろう。

経営者にとっては、将来的な戦略を考えること。

明後日でもできることをしてしまうと、この、考えることができなくなってしまう。
だから、明後日でもできることは、今日してはいけない。